@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ガイ】

デジタル大辞泉

がい【蓋】
《「かい」とも》
[名]仏語。
人間の善智や善心を覆い隠すもの。すなわち、煩悩。
法会のとき、高僧の歩行に際し、その上にかざす笠状のもの。
仏像や導師の高座を覆い飾る天蓋。
[接尾]助数詞。笠または笠状のものを数えるのに用いる。「犬笠一

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がい【蓋】[漢字項目]
常用漢字] [音]ガイ(慣) [訓]ふた おおう かさ けだし
上から覆いかぶせる。「蓋世
覆い。ふた。かさ。「円蓋口蓋頭蓋(ずがい・とうがい)天蓋無蓋有蓋
文頭にかぶせて、推測することを表す語。おもうに。けだし。「蓋然性
[補説]「盖」は俗字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふた【蓋】
物の口にあてがってふさぐもの。「鍋(なべ)のをとる」
サザエタニシなどの貝の口を覆うもの。
スッポンのこと。
「江戸ぢゃあね、すっぽんをしゃれて―といひやすよ」〈滑・浮世風呂・二〉
[下接語](ぶた)上げ蓋入れ子蓋印籠(いんろう)蓋内蓋鰓(えら)蓋押し蓋落とし蓋替え蓋瘡(かさ)蓋被(かぶ)せ蓋後家蓋差し蓋硯(すずり)蓋簀(す)蓋外蓋綴(と)じ蓋共蓋中蓋鍋(なべ)蓋二重蓋火蓋広蓋目(ま)蓋薬籠(やくろう)蓋両蓋割り蓋

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がい【蓋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きぬかさ【蓋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ふた【蓋】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がい【蓋】
かいとも
[1]
貴人や導師・仏像などの頭上にさしかけるかさやおおい。
人の心をおおって真理を知ることを妨げる意から 煩悩ぼんのう
接尾
助数詞。笠かさまたは笠のようなものを数えるのに用いる。 加賀笠一-/浮世草子・一代女 6

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふた【蓋】
箱・容器などの口をおおってふさぐもの。
サザエ・タニシなどの口をおおう平らな板状のもの。
かさぶた。 是は天狗殿の灸やいとの-ぢや/咄本・露が咄
スッポンの異名。
[句項目] 蓋が開く 蓋を開ける

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい【蓋】
[1] 〘名〙 (おおうものの意)
① 仏像などの上部のおおい。また、仏像、高僧、貴人などに後方からさしかけたり、天井からつるしておおう大きなかさ状のもの。きぬがさ。天蓋。懸蓋。
※性霊集‐三(835頃)与新羅道者化来詩「何日何時朝魏闕、忘言傾蓋褰煙塵」 〔釈氏要覧‐中〕
② 仏語。煩悩(ぼんのう)が人知をおおい、くらくすること。→五蓋
[2] 〘接尾〙 (「がい」とも) 笠または笠状のものを数える時に用いる助数詞。
※延喜式(927)一五「女使用、白縑四疋〈略〉竹大笠一蓋」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふた【蓋】
〘名〙
① 物の口をおおいふさぐもの。
※小川本願経四分律平安初期点(810頃)「虱い若出でば、蓋(フタ)を作りて塞ぐ応し」
② サザエ、タニシなど巻き貝類の口をおおうもの。〔本草和名(918頃)〕
③ 「すっぽん(鼈)」の異。〔俚言集覧(1797頃)〕
④ かさぶた。
※咄本・軽口露がはなし(1691)一「是は天狗殿の灸のふたじゃ」
※洒落本・仕懸文庫(1791)二「『ヲイヲイ今のふたと三つつみをだしなよ』〈ふたとはすすりぶたをしゃれてかくいふ〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がい【蓋】
〘名〙 ⇒かい(蓋)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蓋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation