@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蓮沼【はすぬま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蓮沼
はすぬま
千葉県東部,山武市東部の旧村域。九十九里平野に位置し,東部は太平洋に面する。 1889年村制施行。 2006年成東町,山武町,松尾町と合体して山武市となった。かつてはイワシ漁業で栄えた。農業および観光業が主産業。 1975年建設省によるレクリエーション都市計画の一環として,宿泊レジャーなどの諸施設をもつ蓮沼海浜公園が開園した。夏季海水浴場,民宿村となる。九十九里県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蓮沼
はすぬま
千葉県中東部、山武郡(さんぶぐん)にあった旧村名(蓮沼村(むら))。現在は山武市(さんむし)の北東部に位置する地域。旧蓮沼村は1889年(明治22)武射(むさ)郡蓮沼村と平野(ひらの)新田が合併して成立、1897年山武郡に属した。2006年(平成18)、山武郡成東町(なるとうまち)、山武町、松尾町(まつおまち)と合併して市制施行、山武市となった。旧村域は九十九里浜に面する。鉄道、道路とも隣接町域を通過しているが、JR総武本線横芝(よこしば)駅、成東駅からバスが通じる。古来、イワシ漁と米作の半農半漁村であったが、現在は米作のほか養豚、養鶏やエシャロットなどの野菜生産が盛んである。建設省(現、国土交通省)のレクリエーション都市構想のもとに蓮沼海浜公園が造成され、公園内には14のプールをもつウォーターガーデンが1975年(昭和50)に開設された。以後、一帯でレクリエーション開発が進み、テニスガーデン、アスレチックガーデン、スポーツプラザなどができ、ホテルも建設された。五所神社本殿は県指定文化財で、場面が12ある十二面神楽(かぐら)が2月第3日曜日に舞われる。[山村順次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓮沼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蓮沼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation