@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蓮華会舞【れんげえまい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

蓮華会舞
れんげえまい
島根県の隠岐(おき)国分寺(隠岐郡隠岐の島町池田)の蓮華会(正御影供(しょうみえく)ともいう)に行われる舞楽。かつては5年目ごとであったが、現在は毎年4月21日に行う。本堂前の庭に舞台が仮設され、本堂での法要、諸役の行道(ぎょうどう)ののち舞に入る。舞は『麦焼(むぎやき)舞』『眠り仏』『獅子(しし)舞』『山神貴徳(さんじんきとく)』『陵王(りょうおう)(しらげ舞)』『太平楽(たいへいらく)』『仏(ほとけ)舞』の七番が現在伝わり、『太平楽』のほかはそれぞれ面をつける。楽器は太鼓、六孔笛、鐃(にょうばち)を用いる。蓮華会舞の起源は明らかではないが、その舞内容には隠岐独特のものがみられる。国の重要無形民俗文化財。[高山 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓮華会舞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蓮華会舞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation