@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蓮華文【れんげもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蓮華文
れんげもん
蓮華 (はすの花) をかたどった文様古代エジプトインド土器,建築の柱頭などの装飾文様とされ,ことにインドでは,蓮華仏教において聖花として尊ばれたため,仏教美術の分野では多方面に用いられた。仏教の伝播に伴い東洋の各国に広まり,日本では飛鳥時代以来盛んに用いられた。文様としては華だけを平面的に連続文様としたものと,蓮茎を加えて立体的に図案化したものの2様がある。寺院瓦当装飾,仏像光背台座梵鐘 (けい) の撞座など仏教美術の絵画,彫刻,工芸,建築の分野で広い用途がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れんげ‐もん【×蓮華文】
ハスの花の形を基本とした文様。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れんげもん【蓮華文】
ハス(蓮)の花の文様で,仏教美術上重要な文様だが,文様自体は仏教によって出現したわけではない。古代エジプトのスイレン起源とするロータス文様が,古くメソポタミアギリシアイランなどで愛用された。蓮華文には正面型と側面型とがあり,正面型は満開の花を真上から見た形で,花弁が放射状にならんで円をつくり,ロゼットとも呼ばれる。側面型は蓮弁文ともいい,何枚かの花弁を扇状に開かせて全体として釣鐘型をなし,パルメット文様の原型とされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

蓮華文
れんげもん

インドではアショカ王が建立した、ブッダガヤの欄楯(らんじゅん)にみられる蓮華文が最古で、アレクサンドロス大王の東征(前334~前323)によって、エジプトのロータスがギリシアを経て東漸したものと考えられる。その後インドではロータス(スイレン)から蓮華文へと変貌(へんぼう)し、写生的な表現の度を増していく。一方、後漢(ごかん)時代から西域(せいいき)を通じて、インド系とギリシア=西域系の蓮華文が中国に伝わり、以後中国の仏教美術に欠くことのできない模様となった。

 仏教では蓮華が仏の座として、さらには仏のいます極楽浄土の象徴とみなされ、寺院の建築装飾、仏像彫刻、仏画、仏具など多岐にわたって、この模様が使用された。日本の蓮華文は仏教伝来とともに始まり、主として上記のような仏教関係の荘厳具(しょうごんぐ)の装飾模様として使用された。

 こうした仏教における象徴としての蓮華文のほかに、中国では、周茂叔の『愛蓮説』に記されているように、ハスを花中の君子とみなし、さらには花が咲いたあとに実がなる普通の花とは違って、ハスは花と実が同時に生じるところから、貴子が早く生まれるようにとの祈願を託した吉祥(きちじょう)模様として、建築、家具、什器(じゅうき)、また装身具などの装飾に用いられた。

村元雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れんげ‐もん【蓮華文】
〘名〙 蓮(はす)を図案化した文様。平面と側面との二様式があるが、前者を一般的に蓮華文と呼び後者を蓮弁文という。古代エジプトに起源したと考えられているが、インドでも早くから用いられ、のちに仏教美術とともに隆盛し、東洋各地に波及した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓮華文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蓮華文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation