@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蔵原惟人【くらはらこれひと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蔵原惟人
くらはらこれひと
[生]1902.1.26. 東京
[没]1991.1.25. 東京
評論家。筆名,佐藤耕一,谷本清,古川荘一郎など。 1923年東京外国語学校露語科卒業。 25年2月から翌年 11月までソ連に留学,帰国後『文芸戦線』同人となり (1926) ,27年『現代日本文学と無産階級』『マルクス主義文芸批評の基準』でマルクス主義文学運動の指導理論家の位置を確立。『プロレタリヤ・レアリズムへの道』 (28) や『「ナップ」芸術家の新しい任務』 (30) などで,「共産主義芸術の確立」に向う政治優先の文学論を説き,またナップコップへの画期的な改組を指導した。 32年治安維持法違反で検挙され,40年非転向で出所。第2次世界大戦後は中野重治,宮本百合子らと新日本文学会を結成 (46) ,日本共産党中央委員としてプロレタリア文学運動の再建を指導した。その他の著書『芸術論』 (32) ,『文学論』 (50) ,『国民の文化と文学』 (55) ,『文学への思索』 (72) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

蔵原惟人 くらはら-これひと
1902-1991 昭和時代の文芸評論家。
明治35年1月26日生まれ。蔵原惟郭(これひろ)の次男。大正15年日本プロレタリア芸術連盟,昭和3年ナップに参加,4年共産党に入党。「プロレタリア芸術運動の組織問題」などの論文を発表し,プロレタリア文化運動を推進。21年共産党中央委員となり,文化政策を担当した。「蔵原惟人評論集」がある。平成3年1月25日死去。88歳。東京出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

くらはらこれひと【蔵原惟人】
1902‐91(明治35‐平成3)
評論家。東京生れ。東京外語露語科在学中に第3次《ロシア文学》を創刊。卒業後,1925年にソ連留学。翌年帰国,まもなく日本プロレタリア芸術連盟に参加,《現代日本文学と無産階級》(1927)等の評論で注目された。28年中野重治らと共産党支持の芸術組織ナップ(全日本無産者芸術連盟)を結成,この組織を中心にプロレタリア文学・芸術が作品面でも運動面でも空前の高揚に向かうその先頭に立った。作品制作におけるプロレタリア・リアリズムと政治的前衛の観点という主張は,小林多喜二ら多くのプロレタリア作家に影響を与えて,その文学・芸術運動を共産主義文学・芸術運動に導き,やがて31‐32年に,共産党の政治主義によって運動が孤立し崩壊する道行きをも彼が主導することになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くらはらこれひと【蔵原惟人】
1902~1991) 文芸評論家。東京生まれ。東京外語卒。昭和初年からマルクス主義的文芸評論家として活躍、プロレタリア文学運動の理論的指導者。評論集「芸術論」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蔵原惟人
くらはらこれひと
(1902―1991)
文芸評論家。東京・麻布の生まれ。東京外国語専門学校(現東京外国語大学)露語科卒業。1926年(大正15)11月当時のソ連からの帰国後、マルクス主義的な文芸批評、基本文献の翻訳、紹介活動を展開。『プロレタリヤ・レアリズムへの道』(1928)、『プロレタリア芸術運動の組織問題』(1931)その他の論文により、プロレタリア文学の方法論、文化運動の組織化に指導的役割を果たし、ナップおよびコップの理論家として第一人者の位置を占めた。32年(昭和7)検挙されたがのち非転向で出獄。第二次世界大戦後は日本共産党の文化運動の指導者として活躍。評論集『芸術と無産階級』(1929)、『プロレタリアートと文化の問題』(1932)、『芸術論』(1932)ほかの著書がある。[大塚 博]
『『蔵原惟人評論集』全10巻(1966~79・新日本出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くらはら‐これひと【蔵原惟人】
評論家。別名、佐藤耕一・谷本清など。東京出身。東京外国語学校卒。ナップ結成後、日本プロレタリア文芸・芸術運動の理論的指導者として活動。評論「プロレタリヤ・レアリズムへの道」、著作「芸術論」など。明治三五~平成三年(一九〇二‐九一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蔵原惟人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蔵原惟人の関連情報

関連キーワード

誘導尋問公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌスカリクスツス1世公判自殺関与罪逮捕反対尋問

他サービスで検索

「蔵原惟人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation