@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蔵巴汗【ぞうはかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蔵巴汗
ぞうはかん
Cang-ba-han; Ts`ang-pa-han
[生]1606
[没]1642
主家リンプンパに代わって 17世紀前半にチベットを支配したシンシャクパ Zhing shag paの最後の王。蔵巴汗はツァン地方を根拠地としたチベット王をさす中国側の呼称。名はカルマ・テンキョン・ワンポ Karma bsTan skyong dbang po。法律を整え,仏教を保護したが,カルマ派 (→カーギュ派 ) を中心とした非改革派と手を結び,ターラナータらを重用したため,ゲルク派 (→ツォンカパ ) とそれを支持するウ地方の勢力対立後者と連携した顧実汗に 1642年に殺され,ダライ・ラマ政権が成立した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蔵巴汗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蔵巴汗の関連情報

関連キーワード

ガリレイコーク(Sir Edward Coke)ボロトニコフの乱レンブラントレンブラントクアケルナックバリニャーノリバデネイラ徳川忠長クック

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation