@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蕭衍【しょうえん】

世界大百科事典 第2版

しょうえん【蕭衍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうえん【蕭衍】
464~549 中国、南朝梁の初代皇帝(在位502~549)。諡おくりなは武帝。斉を滅ぼして建国。治世中、六朝りくちようを通じて最も貴族文化が栄えたが、晩年仏教に傾倒して財政を破綻させた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蕭衍
しょうえん
(464―549)
中国、南朝(りょう)の皇帝(在位502~549)。廟号(びょうごう)は高祖。諡号(しごう)は武帝。蘭陵(らんりょう)(もと山東省、当時は江蘇(こうそ)省武進)の出身で、父は南斉(なんせい)王朝の建国者蕭道成(しょうどうせい)の族弟にあたる。南斉末、雍州刺史(ようしゅうしし)として襄陽(じょうよう)にいたが、兄が南斉末の暴君東昏侯(とうこんこう)に殺されたのを機に挙兵し、都の建康(南京(ナンキン))を襲って南斉を滅ぼし、梁王朝を建てた。彼の治世は50年近くの長期にわたったが、その初期には官制の改革をはじめとする諸種の政策によって、頽廃(たいはい)していた南朝の貴族制の改革に努め、比較的安定した時代となった。彼自身は熱心な仏教徒であるとともに、多数の著述もある知識人でもあり、南朝仏教の黄金時代を招いたが、晩年は仏教に溺(おぼ)れて政治が顧みられなくなり、ついに北朝の反臣侯景(こうけい)によって建康を落とされ、幽閉されて死んだ。陵は順陵(丹陽)。[中村圭爾]
『森三樹三郎著『梁の武帝』(1956・平楽寺書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐えん〔セウ‐〕【蕭衍】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蕭衍
しょうえん
武帝[南朝梁]」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蕭衍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蕭衍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation