@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薄手【ウスデ】

デジタル大辞泉

うす‐で【薄手】
[名・形動]
紙・織物・陶器などの厚さが薄いこと。また、そのさま。「薄手の茶碗」「薄手な生地」⇔厚手
内容などが浅くて安っぽいこと。また、そのさま。「薄手な評論」
戦いなどで受けた、軽い傷。浅手。
「同じ所にいながら、―一つ負わなかった」〈芥川偸盗

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うす‐で【薄手】
〘名〙
① 浅い傷。軽い傷。浅手(あさで)。⇔深手
※平家(13C前)九「小次郎がうす手負たるをだに、直実は心ぐるしうこそおもふに」
② (形動) 物の厚みが比較的少ないこと。また、そのさま。⇔厚手
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉六五「其薄手(ウステ)の猪口より脆く」
③ (形動) がんじょうさがなく、弱々しいさま。
※洒落本・妓情返夢解(1802)一「うすでな生れのてめへゆへ」
④ (形動) 物事の内容が貧弱で安っぽいさま。
※門(1910)〈夏目漱石〉一九「宗助は〈略〉自分丈の解答は準備してゐた。けれども、それは甚だ覚束ない薄手(ウスデ)のものに過ぎなかった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薄手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薄手の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation