@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薄荷油【はっかゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

薄荷油
はっかゆ
mint oil
ハッカの全草から蒸留によって得られる精油。大別してペパーミント油スペアミント油があり,薬用香料などに広く用いられている。前者の代表が薄荷脳含有が多い日本薄荷油で,原料ハッカは主として北海道で栽培されていたが,近年はブラジルパラグアイ,中国などでも生産がふえている。後者はアメリカが主産地で,チューインガム,リキュール類などに使用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はっか‐ゆ〔ハクカ‐〕【薄荷油】
乾燥した薄の葉を蒸留して得られる精油。強い香りをもち、主成分メントール(薄荷脳)。清涼剤や香料として用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はっか‐ゆ ハクカ‥【薄荷油】
〘名〙 薄荷の葉を乾燥させ、水蒸気を通して蒸留すると得られる油状の液体。揮発性で無色または黄味を帯びて透明。特有の芳香と清涼味があり、菓子、飲料、化粧品、医薬などに用いられる。〔薬品名彙(1873)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薄荷油」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薄荷油の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation