@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薄荷【ハッカ】

デジタル大辞泉

はっ‐か〔ハク‐〕【薄荷】

㋐シソ科の多年草。湿気のある所に生え、高さ20~60センチ。全体に芳香がある。茎は四角柱で、長楕円形の葉が対生する。8~10月、葉の付け根に淡紫色の唇形の小花が群がってつく。葉にはメントールが多く含まれ、薄荷油を採る。
㋑シソ科ハッカ属植物の一群。ヨーロッパ種のペパーミント西洋薄荷)・スペアミントオランダ薄荷)など。東洋種のものより小形で、花穂が細長い 花=秋》
薄荷脳」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

はっか【薄荷】
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。薄荷葉(よう)ともいう。シソ科ハッカの葉を乾燥したもの。解熱清涼健胃止痒(しよう)発汗などの作用がある。慢性胃腸病神経症湿疹(しっしん)に効く柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)にきび、顔や頭の発疹(ほっしん)に効く清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)などに含まれる。またハッカの精油はメントールとはっか油に分離し、メントールは止痒(かゆみ止め)、鎮痛薬として外用の膏薬(こうやく)などに用いる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

薄荷 (ハッカ・バカ)
Mentha arvensis var.piperascens
植物。シソ科多年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はっ‐か ハク‥【薄荷】
〘名〙
① シソ科の多年草。各地のやや湿った土地に生え、香料、薬用に栽培もされる。高さ二〇~六〇センチメートル。茎は四稜(りょう)がある。全体に短毛を生じ、傷つけると特有の芳香を放つ。葉は柄をもち対生し、葉身は長さ二~八センチメートルの長楕円形で縁に粗い鋸歯(きょし)がある。夏から秋にかけ、葉腋に小さな淡紫色の唇形花が輪生状に群がって咲く。葉から薄荷油・薄荷脳をつくる。漢名、薄荷。めぐさ。はか。〔塵芥(1510‐50頃)〕
② ①と同種の欧州産の植物。西洋薄荷。ペパーミント。
③ ①の葉から製した無色針形の結晶。薬品・香料などに用いる。
※胡瓜遣(1872)〈仮名垣魯文〉初「薄荷(ハッカ)入の扇形(じがみ)を又三ツ四ツ食ふたら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ば‐か【薄荷】
〘名〙 =はっか(薄荷)〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐か【薄荷】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薄荷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薄荷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation