@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薔薇戦争【バラセンソウ】

デジタル大辞泉

ばら‐せんそう〔‐センサウ〕【薔薇戦争】
1455~1485年、ランカスター家ヨーク家との王位争奪を中心とする英国の封建貴族間の内乱。それぞれ紅と白のバラ記章としたのでこの名がある。結局ランカスター派が勝ちチューダー朝が成立したが、長期にわたる戦いで貴族の勢力は衰え、中央集権化が急速に進んで、絶対主義への道を開いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ばらせんそう【薔薇戦争】
1455~85年にイギリスで起こった王位争奪の内乱。記章が赤ばらのランカスター家と白ばらのヨーク家に封建貴族が二分して争い、前者が勝ってヘンリー七世がチューダー朝を開いた。結果的には封建貴族が疲弊し王権が強化された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばら‐せんそう ‥センサウ【薔薇戦争】
一四五五~八五年のイギリスの内乱。ランカスター家とヨーク家の王位争奪を中心とする封建貴族間の戦争。前者は紅バラ、後者は白バラを徽章として闘った。ランカスター派のヘンリー=チューダー(ヘンリー七世)が勝ってチューダー王朝を開き、ヨーク家のエリザベスと結婚して内乱を収めた。長期の内乱で封建貴族の力が衰え、チューダー絶対王政の道が開けた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薔薇戦争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薔薇戦争の関連情報

関連キーワード

イギリス史(年表)チューダー朝サンガッロボスヘンリー7世宗砌康正膳城サマセット(公)カリクスツス3世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation