@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薗八節【ソノハチブシ】

デジタル大辞泉

そのはち‐ぶし【×薗八節】
浄瑠璃流派の一。享保年間(1716~1736)宮古路薗八が京都で創始、2世薗八宮薗鸞鳳軒(みやぞのらんぽうけん))が大成した。哀艶な曲調で一時期流行したが、現在は古曲の一つに数えられている。宮薗節

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そのはちぶし【薗八節】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そのはちぶし【薗八節】
上方浄瑠璃の一。薗八が享保(1716~1736)頃京都で語り始め、宮薗鸞鳳軒らんぼうけんが宝暦(1751~1764)頃に大成した。曲風は情緒豊かで心中物が多い。宮薗節。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そのはち‐ぶし【薗八節】
〘名〙 浄瑠璃節の一つ。豊後節(ぶんごぶし)からの分派。宮古路豊後掾(みやこじぶんごのじょう)の高弟初代宮古路薗八が語り始め、二代薗八(後名は宮薗鸞鳳軒(みやぞのらんぽうけん))に至り大成した。宝暦・明和(一七五一‐七二)頃上方で流行。艷っぽくて、落ちつきがある。宮薗節。薗八。〔洒落本・初葉南志(1780)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

薗八節
そのはちぶし

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薗八節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薗八節の関連情報

関連キーワード

享保徳川吉宗享保の改革徳川家継徳川吉宗ケンペルケンペル享保改革蕪村徳川家継

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation