@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薩摩糸びな【さつまいとびな】

事典 日本の地域ブランド・名産品

薩摩糸びな[人形・玩具]
さつまいとびな
九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
鹿児島市で製作されている。江戸時代初期に始まったという。戦前まで女子が生まれた家に贈る習わしがあり、節句には贈られた糸びなを飾り並べた。薩摩糸びなの本体は一本の割竹。この割竹を麻糸に見立て、顔はない。着物幅広の紙にきらびやかな垂れ絵を描き、絵柄は男女のペアになっているものが多い。は紙やを重ねてつくられており、や緑・金泥を使った色彩は、美しく華やかである。鹿児島県伝統工芸品。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

薩摩糸びな
鹿児島県の郷土玩具。江戸時代初期から製造が続く雛人形。顔はなく、細い割竹を本体とする。髪を麻糸でつくることから、糸びなの名がついたとされる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薩摩糸びな」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薩摩糸びなの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation