@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薩摩錫器【さつますずき】

事典 日本の地域ブランド・名産品

薩摩錫器[金工]
さつますずき
九州・沖縄地方、鹿児島県の地域ブランド。
鹿児島市・霧島市などで製作されている。江戸時代初期、鹿児島市郊外の山中に発見された錫鉱脈は、薩摩藩の大きな財源となった。溶解から研磨まですべて手作業でつくられる。表面に腐食させた錫器を梨地とよび、いぶし銀のような渋い光沢が、古来より薩摩の人々に愛されてきた。現在では、酒器・花器など伝統的なもののほかにアクセサリーなどもつくられている。鹿児島県伝統工芸品

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

薩摩錫器
鹿児島県鹿児島市、霧島市などで生産される錫工芸品。県の伝統的工芸品に指定

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薩摩錫器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薩摩錫器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation