@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薪炭林【しんたんりん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

薪炭林
しんたんりん
coppice
材を生産するために経営される森林用材林高林,用材と炭材の双方を生産するものを中林というのに対し,低林という。日本の薪炭樹種はくぬぎ,なら,かし,しで,とねりこ,しなの木,はんの木,桜,はしばみなどで,これらの樹種は根株からの萌芽力が強いので,10~30年を伐期とする萌芽更新が行われたが,老齢化した根株は萌芽力が衰えるので,天然下種や人工植栽などによって萌芽力の強い幼齢樹が補充されていた。しかし,第2次世界大戦後の燃料革命の結果,用材林など他地目に転換する傾向が強くなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんたん‐りん【薪炭林】
薪(たきぎ)や炭の原料となる木材を採取するための森林。クヌギコナラヤマザクラエノキなどの樹種で構成された、いわゆる里山雑木林を指す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんたんりん【薪炭林】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんたんりん【薪炭林】
薪や木炭の原料の生産を目的とする森林。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

薪炭林
しんたんりん
(まき)や炭(すみ)を生産するための森林。クヌギ、ナラ、カシ類が代表的な樹種である。おおむね10~30年ごとに伐採され、天然更新によって回転させ、木材は薪や炭の原料として、落葉・落枝は農業用の肥料として利用された。関東平野に残っている広葉樹林の多くは、その名残(なごり)である。1950年代までの薪炭は日本における重要なエネルギー源であり、総エネルギーの約1割を占めていた。しかしその後、石油によって駆逐され、1960年代の終わりには薪炭生産はほぼ消滅する。その結果、薪炭林の新たな利用問題が発生し、山村地域では、その多くが建築用木材を生産する用材林に転換された。一方、平地農村、都市近郊に存在した元薪炭林は、現在「里山(さとやま)」とよばれ、多くは未利用のまま放置されている。世界的にみると木材利用の半分以上は薪炭用であり、途上国のみならず、ヨーロッパや北米の先進国では家庭の暖房用に薪ストーブが広く使われている。近年では再生可能エネルギーとして木質バイオマスの利用が注目されているところであり、日本でも旧薪炭林の再活用が求められている。[飯田 繁・佐藤宣子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんたん‐りん【薪炭林】
〘名〙 耕作者の自家用の薪(まき)、または木炭の原料などの採取に供される土地。昭和二七年(一九五二)の農地調整法の廃止まで、農地に近い取扱いを受け、その使用権は小作権と同様に保護されていた。
※農地法(1952)四四条「自作農が採草放牧地、薪炭林、防風林、道路、水路、ため池、宅地等」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薪炭林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薪炭林の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation