@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薬剤師【やくざいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

薬剤師
やくざいし
日本では,薬剤師法 (昭和 35年法律 146号) に基づき,厚生大臣が認可する国家資格職の一つ。免許は薬剤師国家試験合格について,薬剤師名簿に登録することで与えられ,免許証が交付される。「調剤医薬品の供給その他薬事衛生」を担当することで「公衆衛生向上及び増進に寄与し」「国民の健康な生活を確保する」ことがその任務である。なお薬事法によって,薬局の管理責任者として必ず薬剤師がおかれなければならないと定められている。日本で薬剤師の名称が初めて現れたのは 1889年施行の「薬律」で,このとき新たに薬剤師資格試験制度が採用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やくざい‐し【薬剤師】
薬剤師法に基づき、医薬品の調合・供給、その他の薬事衛生に携わる技術者。国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受ける。
[補説]学校教育法薬剤師法の改正に伴い、平成18年度(2006)から、薬剤師養成のための薬学教育の年限が4年から6年に延長された。
作品名別項。→薬剤師

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やくざいし【薬剤師】[作品名]
原題、〈イタリアLo Spezialeハイドン作曲のイタリア語によるオペラ。全3幕。1768年にハンガリーエステルハージ宮殿初演台本ゴルドーニによる。18世紀のイタリアを舞台に、初老の薬剤師が後見人となっている若い女と結婚しようと画策する喜劇的作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やくざいし【薬剤師 pharmacist】
調剤,医薬品の供給その他,薬事衛生をつかさどることを業とするもの。その資格,身分,業務内容は薬事法,薬剤師法および医療法に定められている。薬事衛生とは,調剤,医薬品の製造,保存,管理,試験,鑑定,販売授与を含むほか,薬剤師がなす食品衛生水質検査等,環境衛生,犯罪の化学的鑑定その他,公衆衛生の薬学的・衛生学的行為を含んでいる。薬剤師の資格を得るためには,大学令による大学薬学部あるいは薬科大学において,文部省の薬学教育基準に定められた所定単位を取得したもののみが受験資格を有し,薬剤師国家試験に合格しなければならない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やくざいし【薬剤師】
薬剤師法に基づき、医薬品の調剤・製造・供給その他薬事衛生に従事する者。薬剤師国家試験の合格者で、厚生労働大臣の免許を受ける。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

薬剤師
やくざいし
pharmacist
一定の資格をもって薬学の研究および実務に従事し、医師の処方箋(しょほうせん)によって医薬を調合するほか、一般人に医薬品を販売する者をいう。その内容については薬剤師法および薬事法によって規制されている。現行の薬剤師法は1960年(昭和35)8月10日法律第146号として公布、翌年2月1日から施行されたもので、薬剤師の任務、免許、免許の条件、薬剤師名簿、登録および免許証の交付、免許の取消しのほか、届出、試験、業務、罰則などが定められている。
 この薬剤師法によれば「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」と総則でその任務が記されている。また、その資格すなわち薬剤師になるためには、学校教育法に基づく大学(薬科大学または総合大学の薬学部薬学科)において薬学の正規の課程を修めて卒業したか、外国の薬学校を卒業した者または外国の薬剤師免許証を受けた者で、厚生労働大臣が学力・技能が日本の薬学校卒業者と同等以上と認定した者が、国が行う薬剤師試験に合格し、厚生労働大臣に申請して薬剤師免許証を得なければ、薬剤師として業務を行うことはできない。ただし、未成年者、成年被後見人または被保佐人には免許が与えられないことになっている。
 また、薬剤師でない者は販売または授与の目的で調剤してはならないとし、医師・歯科医師・獣医師自らの調剤を除き、薬剤師の専業が調剤にあることが定められている。さらに、調剤に従事する薬剤師は、調剤の求めがあった場合には正当な理由がなければこれを拒んではいけないとされており、医師・歯科医師・獣医師の処方箋によらなければ販売または授与の目的で調剤してはならないが、一方、処方箋に疑義のある場合には交付した医師に問合せをする義務がある。このほか、調剤の場所、調剤された薬剤の表示、処方箋への記入、あるいは処方箋の保存や調剤録などについても定められている。
 薬剤師でなければできない業務は前述の調剤業務のほか、薬局の管理者、医薬品の一般販売業の管理者、医薬品製造業および医薬品輸入販売業の管理者、学校薬剤師、保険薬剤師、国民健康保険薬剤師があり、薬剤師であれば取得できる資格には、医薬部外品または化粧品製造(輸入販売)所の責任技術者、毒物劇物取扱責任者などがある。また、薬剤師免許証をもつ者の実社会での活動の職域は、(1)医薬品営業(製造、輸入、販売)従事者、(2)薬局開設者、(3)病院診療所勤務者、(4)開業薬局勤務者、(5)衛生行政または保健衛生業務の従事者、(6)大学における教育・研究に従事する者、(7)毒物劇物営業従事者、(8)化学工業従事者、(9)その他、となっている。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やくざい‐し【薬剤師】
〘名〙
① 調剤、医薬品の供給その他の薬事衛生をおもな業務とする者。薬剤師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならない。〔薬品営業並薬品取扱規則(明治二二年)(1889)〕
② 侍医寮の職員。薬剤師長の事務を助ける奏任官。
※宮内省官制(明治四〇年)(1907)五三条「薬剤師は三人奏任とす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬剤師」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薬剤師の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation