@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薬園【ヤクエン】

デジタル大辞泉

やく‐えん〔‐ヱン〕【薬園】
薬草を栽培する畑。薬圃(やくほ)。
江戸時代幕府諸藩が直営した薬草園

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やく‐えん ‥ヱン【薬園】
〘名〙
① 薬草を栽培するはたけ。薬圃(やくほ)
※令義解(718)職員「頭一人。〈掌諸薬物。療疾病。及薬園事〉」
② 江戸幕府・諸藩が直営した薬草園。幕府は寛永一五年(一六三八)江戸の牛込(大塚御薬園、面積一万八千坪)と品川(麻布御薬園、面積一万六千坪)を創設。貞享元年(一六八四)ともに小石川白山御殿地(現在の小石川植物園)に移り、享保六年(一七二一)には総面積四万四千八百坪となった。京都の鷹峯御薬園は寛永一七年の創設、ほかに江戸駒場・長崎・駿府(静岡)にも直轄のものがあり、藩営では尾張・秋田・福岡・熊本・薩摩藩のものが知られていた。
※徳川実紀‐寛永一三年(1636)是年「朝鮮国より薬草数種を奉る。こは府内及び京都に薬苑をひらき給ふよし伝聞し故とぞ聞えける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薬園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation