@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薬子の変【くすこのへん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

薬子の変
くすこのへん
平安時代初期の政変大同4 (809) 年4月,平城天皇皇太弟神野 (かみの) 親王 (嵯峨天皇 ) に譲位したが,前により権勢を得ていた藤原薬子と兄仲成らは,平城京への遷都上皇重祚 (じゅうそ) を策し,同年 12月旧都に移り,翌年6月観察使を廃するなど政治に関与した。これに対し嵯峨天皇方は,蔵人所を設置して機密漏洩を防ぐとともに,上皇の平城遷都の命を機に,三関を固め,薬子を解官し,仲成を射殺した。これにより上皇は剃髪し,薬子は自殺した。こののち,藤原氏のうち式家は没落し,北家の冬嗣の系統朝廷で勢力を確立していった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くすこ‐の‐へん【薬子の変】
弘仁元年(810)平城上皇の寵(ちょう)を得ていた藤原薬子が、兄仲成らとともに上皇の重祚(ちょうそ)平城京への遷都を企て、失に終わった事件。上皇は出家、薬子は自殺、仲成は殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くすこのへん【薬子の変】
平安初期の政治的事変。809年(大同4)4月,病気のために皇位を同母弟神野親王(嵯峨天皇)に譲った平城上皇(平城天皇)は,〈病を数処に避けて五遷〉し,この年12月に平城宮に居することとなった。一方この前後から嵯峨天皇も健康がすぐれず,翌810年(弘仁1)の朝賀は廃止され,7月には川原寺,長岡寺での誦経や伊勢大神宮への奉幣も行われた。このような事情のなかで,平城宮で健康を回復した上皇は,東宮時代にその後宮に入り寵愛していた藤原薬子(藤原種継の娘)とその兄藤原仲成らとともに重祚(ちようそ)(退位した天皇が再び即位すること)を企てた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くすこのへん【薬子の変】
810年に起こった宮廷内の抗争事件。平城天皇の寵厚く、権勢の座にあった藤原薬子が、天皇の退位後、兄仲成とともに再度実権を握ろうとして起こした事件。嵯峨天皇の廃立、平城上皇の重祚ちようそ、平城京遷都を企てたが未然に発覚、仲成は処刑され、薬子は自殺した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

薬子の変
くすこのへん
平安時代初期に起こった平城(へいぜい)上皇と嵯峨(さが)天皇の間の抗争事件。藤原薬子(式家(しきけ))は、その女(むすめ)が春宮(とうぐう)時代の平城天皇の後宮に入った際、自分も春宮に仕え、その愛寵(あいちょう)を被り、即位後は尚侍(ないしのかみ)となり、恐憚(きょうたん)するところなく思いのままふるまっていたが、809年(大同4)病により平城天皇が嵯峨天皇に譲位すると権勢を失ったため、薬子の縁で勢力を得ていた兄仲成(なかなり)と謀り、上皇の復位をねらい、上皇と画策し、平城(へいじょう)遷都を実施しようとした。嵯峨天皇側では上皇方に対し、表面的には協力を装いながら警戒を怠らずにいたところ、810年(弘仁1)6月、上皇は突如、観察使(かんさつし)をやめて参議の号に復せとの詔(みことのり)を発し、9月に入ると平城遷都を正式に謀ってきた。嵯峨天皇はいちおう上皇の命に従い坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)らを造宮使に任命したが、政令が上皇方と天皇方とから出る二所朝廷の様相を呈することになってしまったので、ついに9月10日に至り天皇は仲成を逮捕して佐渡権守(ごんのかみ)に貶降(へんこう)し、薬子を追放に処した。これに対し上皇は薬子とともに平城京から東国に向かい対抗しようとしたが、坂上田村麻呂らが迎撃態勢をとったので、やむをえず平城京に戻り剃髪(ていはつ)し、薬子は自殺した。乱は3日間で終息し、宮廷内の抗争以上を出なかったが、この変の結果、皇太子高岳(たかおか)親王は、その父が平城上皇であったために廃され、皇弟大伴(おおとも)親王が皇太弟となり、嵯峨天皇の信任厚い藤原冬嗣(ふゆつぐ)の台頭が著しく、藤原北家(ほっけ)繁栄の端緒となった。[森田 悌]
『目崎徳衛著『平安文化史論』(1968・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くすこ‐の‐へん【薬子の変】
平安初期の朝廷内部の政変。藤原薬子は平城天皇の妃の母として天皇のを受け、兄仲成と共に勢威を振ったが、大同四年(八〇九)天皇が皇太弟嵯峨天皇に譲位すると、翌年薬子と仲成は平城上皇を再び位につけようと画策した。朝廷は坂上田村麻呂らに命じてこれを防止し、薬子は自殺し、仲成は誅され、上皇の子高岳親王は皇太子を廃され、かわって大伴親王が皇太弟に立てられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

薬子の変
くすこのへん
平安初期の朝廷内部の紛争
嵯峨天皇の即位した809年,平城上皇の寵愛をうけた藤原薬子が,兄仲成とはかって,上皇の復位と平城京復都を実現しようとしたが,翌810年発覚して鎮圧された。薬子は自殺,仲成は敗死して式家は没落し,上皇も出家した。これを契機として藤原冬嗣蔵人頭となって,北家が台頭した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬子の変」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薬子の変の関連情報

関連キーワード

ハールーン・アッラシードハールーン=アッラシード高志内親王ハールーン・アッラシードハルンアッラシード嵯峨天皇嵯峨天皇平城天皇ハールーン=アッラシード平城天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation