@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薬屋【クスリヤ】

デジタル大辞泉

くすり‐や【薬屋】
薬を調合し、販売する薬局薬店

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くすりや【薬屋】
薬局店(やくてん)(薬種商が薬の販売を行っている店)および薬問屋等の総称。薬店,薬舗,薬種屋,木薬屋(あるいは生薬屋)などの名で,店舗を構えて薬をあきなう店を薬屋と呼んだのは江戸時代に入って以来といわれている。かつて,越中富山の売薬にみられるように,各地を行商したり,市に出て売ることがふつうで,これは西洋や中国においても同様であった。
[日本]
 医薬品の販売業は,その取り扱える医薬品の範囲によって,薬局,一般販売業,薬種商配置販売業,特例販売業などに分けられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

くすり‐や【薬屋】
〘名〙 薬をつくったり、売ったりする家。また、それをする人。薬種屋。薬局。薬店。
※蔭凉軒日録‐寛正七年(1466)正月一〇日「五条薬屋入道贈香茶一包也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬屋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薬屋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation