@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薬湯【くすりゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

薬湯
くすりゆ
薬品を入れた浴湯のこと。本来は病人のためのものであったが,健康な人でも血行がよくなり,ざめをしないなどの効果があるとして,好んで入することがある。薬品としては,薬草ホウ砂重炭酸ナトリウム硫化物などがあり,多くはこれらに香料クロロフィリンが加えられている。たむし,にきびあせも,ただれ,あれ症,冷え症ひびしもやけ神経痛リウマチ肩凝り腰痛などにきくといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くすり‐ゆ【薬湯】
薬品や薬草を入れた浴湯。くすりぶろ。やくとう。
病気にきく温泉。
「よろづの人の浴(あ)みける―あり」〈宇治拾遺・六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やく‐とう〔‐タウ〕【薬湯】
薬をせんじ出した湯。せんじぐすり。湯薬。
薬を入れた入浴用の湯。くすりゆ。「薬湯をたてる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くすりゆ【薬湯】
入浴する湯の中に薬品を入れる風習は古くからあり,江戸の銭湯では客寄せのために,さまざまな効能をいいたてて薬湯を宣伝した。草津温泉の湯花入りだとか,不老長寿の仙湯とか,あせも,ただれに効能があるとか,胃弱にきくとか称したのだが,なかには染料を投じただけのいかさま薬湯もあった。端午節句菖蒲湯(しようぶゆ)も冬至の日の柚子湯(ゆずゆ)も薬湯の一種と解してよい。自宅での入浴に使う薬品も販売された。昭和初期までは銭湯で別に湯槽を作って薬湯を宣伝すると,暇な老人などは小半日も入浴を繰り返して楽しんだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

やくとう【薬湯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

薬湯
くすりゆ

温泉成分や薬用植物を浴剤として入れた湯をいう。古くから疾病や傷の治療に温泉が用いられ、また民間では5月の節供の菖蒲(しょうぶ)湯、冬至の柚(ゆず)湯など、浴槽に植物そのものを入れて、薬湯として親しんできた。温泉成分の効能を期待して、温泉地以外で、また家庭で、温泉と同じ効果を得ようとして考案されたのが浴剤で、初めは温泉成分を乾燥し粉末化したものが用いられた。湯の華(はな)がその例である。

 温泉療法に用いられる泉質には、単純泉、食塩泉、重炭酸土類泉、芒硝(ぼうしょう)泉(おもに硫酸ナトリウム)、苦味泉(硫酸塩泉)、アルカリ性泉、酸性泉、明礬(みょうばん)泉、硫黄(いおう)泉、炭酸鉄泉、放射能泉などがある。これらの主成分である無機塩類を用いて、温泉の効果を家庭内で再現しようとして種々の浴剤が開発された。その配合塩類により効果は異なるが、目的としては次のようなものがあげられる。(1)身体を温め、血液の循環をよくし、新陳代謝を高める、(2)鎮静・鎮痛作用をもつ、(3)発汗を促進し、身体の老廃物を除去する、(4)浴後、塩類が被膜となって体表面に付着し、保温効果がある、(5)アルカリ性の場合には、皮脂や体表面の汚れをとり、肌を滑らかにする、(6)硫黄を含むものは殺菌性を有し、皮膚病の治療に有効とされている。市販の浴剤には、塩類のほかに色素と香料を加えたものが多い。

 浴剤として用いる薬用植物については、古くは室町時代にさかのぼり、五木八草(ごぼくはっそう)湯、三木一草湯が記されている。五木とは、桑、槐(えんじゅ)、楮(こうぞ)、楡(にれ)、柳、あるいは、桑、槐、桐(きり)、樗(おうち)(センダン)、朴(ほお)、または、桑、槐、桃、楮、柳をいい、八草は、菖蒲、艾葉(がいよう)(ヨモギの葉)、車前(オオバコ)、荷葉(ハスの葉)、蒼耳(そうじ)(オナモミ)、忍冬(にんどう)(スイカズラ)、馬鞭草(ばべんそう)(クマツヅラ)、蘩蔞(はんる)(ハコベ)をいう。江戸時代には、東では温泉の湯を沸かし直して薬湯と称し、西では薬用植物を用いた薬湯が銭湯のほかに出現し、明治中期になり浴用中将湯や浴用実母散が市販された。これらは布袋に生薬(しょうやく)を切ったものを詰め、一定量の湯の中で煎出(せんしゅつ)し、煎出した液といっしょに袋ごと浴槽に入れて薬湯とした。民間療法として浴用に用いられる。これらの植物は、新陳代謝の促進、老廃物の除去、保温性のほかに、タンニン酸類を含むものは収斂(しゅうれん)作用、消炎作用があり、サポニンを含むものは洗浄作用および細菌の発育阻止作用がある。またアズレンを含むものでは皮膚組織の再生を促進し、油脂や粘液質を含むものは皮膚表面の保護作用を有している。

 市販の浴剤は温泉成分と薬用植物から発展し、さらに新しい浴用製剤の開発となり、医薬品用部外品として生産・消費量は年々増加の一途をたどっている。

[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くすり‐ゆ【薬湯】
〘名〙
① 薬品や薬草を入れた入浴用の湯。くすりぶろ。くすりのふろ。やくとう。
※塵袋(1264‐88頃)一「蘭湯と云ふはくすり湯歟、潔斎歟」
② (薬効のある湯の意で) 温泉。
※出雲風土記(733)仁多「即ち、川の辺に薬湯あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やく‐とう ‥タウ【薬湯】
〘名〙
① 薬草などを煮だした湯。煎じぐすり。湯薬(とうやく)
※養生訓(1713)七「是は自然に薬汁出るにあらず。しきりにふり出す故薬湯にごり」
② 薬品や薬草を入れた入浴用の湯。くすりゆ。
※法然上人行状画図(1307‐16頃)三五「薬湯をまうけ、美膳をととのへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬湯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薬湯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation