@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

薬草園【やくそうえん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

薬草園
やくそうえん

薬用植物を植栽して展示する植物園。薬草栽培を起源とする植物園は世界に多くある。日本では593年(推古天皇1)聖徳太子が薬草栽培をしたといわれ、江戸時代に徳川幕府は小石川薬園を設けた(1684)。代表的施設に、東京都薬用植物園(小平)、国立医薬品食品衛生研究所薬用植物栽培試験場(北海道・筑波(つくば)・和歌山・種子島(たねがしま))がある。薬科大学や大学薬学部、製薬会社も教育用、研究用の施設をもっているものが多い。

[根本曽代子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薬草園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薬草園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation