@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藍摺【あいずり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藍摺
あいずり
版画用語。藍絵ともいう。「嫌い」と同様,幕府弾圧によって生じた江戸時代末期浮世絵の一様式。天保 13 (1842) 年の奢侈禁止令のとき考案され,藍1色または少量の紅,黄などを要所に配して摺った作品。いずれも色彩の制限に対抗して工夫された様式で,清新な感覚が当時の庶民に受け流行した。またこれに類する版画も広く藍摺と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐ずり あゐ‥【藍摺】
〘名〙
① 布または紙の表面に藍で模様を摺り染めにすること。また、そのもの。花摺りに対していう。あやずり。あおずり。あおくさずり。
※儀式(872)三「神祇官伯已下弾琴已上十三人〈略〉各榛藍摺綿袍一領」
③ (①のような色模様が現われるところから) きのこ「はつたけ(初茸)」の異名。
物類称呼(1775)三「菌茸〈略〉奥の南部及近江辺にて、あいずりと云」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藍摺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藍摺の関連情報

他サービスで検索

「藍摺」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation