@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤原俊成【ふじわらの】

美術人名辞典

藤原俊成
平安後期・鎌倉初期の歌人公卿。藤原定家の父。初名顕広。正三位に進んだのち俊成改名。病のため出家し、釈阿と号す。数多くの歌合の判者を務めた他、後白河院のにより『千載集』を撰進し、後鳥羽院の再興した和歌所の寄人にも加えられ、歌壇長老地位を築いた。家集に『長秋詠藻』『俊成家集』、歌論書に『古来風体抄』等がある。元久元年(1204)歿、91才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐しゅんぜい〔ふぢはら‐〕【藤原俊成】
[1114~1204]平安後期の歌人。名は「としなり」とも。定家の父。法名、釈阿。幽玄体の歌を確立し、王朝歌風古今調から中世新古今調への橋渡しをした。後白河院院宣により、「千載和歌集」を撰進。家集「長秋詠藻」、歌論書「古来風体抄」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじわら‐の‐としなり〔ふぢはら‐〕【藤原俊成】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原俊成 ふじわらの-としなり
1114-1204 平安後期-鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
永久2年生まれ。藤原俊忠の3男。母は藤原敦家(あついえ)の娘。正三位,皇太后宮大夫。五条三位とよばれる。藤原基俊(もととし)に歌学をまなび,源俊頼に私淑。幽玄美をとなえ,子の定家ら「新古今和歌集」の歌人をそだてた。「千載和歌集」の撰者で,歌は勅撰集に四百余首はいっている。元久元年11月30日死去。91歳。初名は顕広。法名は釈阿。家集に「長秋詠藻」,歌論書に「古来風体抄」など。
格言など】世の中よ道こそなけれ思ひ入る山の奥にも鹿ぞ鳴くなる(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原俊成 ふじわらの-しゅんぜい

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのとしなり【藤原俊成】
1114‐1204(永久2‐元久1)
平安末期の歌人。〈しゅんぜい〉ともよばれる。参議俊忠の子。幼年期葉室顕頼の養子として顕広と称したが,54歳から父の御子左家(みこひだりけ)に帰り,俊成と改名。法名釈阿。最終官は正3位皇太后宮大夫。藤原基俊に和歌を学び,《為忠家両度百首》(1132‐36ころ),《述懐百首》(1140‐41)などの力詠で崇徳院の殊遇を受け,《久安百首》の部類も下命された。そのころから六条派主導の観念的な古典追随,万葉好尚の風潮と対立,《古今集》以来の優美な抒情に和歌の芸術性を認め,さらに時代の感性をとらえた幽玄・優艶な余情美を表現して,新風の推進者となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ふじわらのしゅんぜい【藤原俊成】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじわらのしゅんぜい【藤原俊成】
名はとしなりとも 1114~1204 平安末期・鎌倉初期の歌人・歌学者。名は初め顕広。法号、釈阿。定家の父。五条三位と称された。後白河院の命により「千載和歌集」を撰進。古典主義的立場に立ち幽玄の理念を樹立、王朝和歌を統合的に継承するとともに中世和歌の出発点を築いた。歌論「古来風体抄」、家集「長秋詠藻」などのほか、書の名筆を多く遺す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじわらのとしなり【藤原俊成】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原俊成
ふじわらのとしなり
[生]永久2(1114)
[没]元久1(1204).11.30. 京都
平安時代後期~鎌倉時代前期の歌人。「しゅんぜい」とも読む。俊忠の子。定家の父。幼いとき父と死別し,民部卿顕頼の養子となり,顕広といった。俊成と改名したのは,実家の御子左 (みこひだり) 家に復帰した 54歳のときである。正三位皇太后宮大夫にいたったが,63歳のとき病により出家し,法名,釈阿。和歌を藤原基俊に学び,崇徳上皇の『久安百首』 (1150) に加えられて,六条家の藤原清輔と対立関係にあったが,その死後九条兼実家の和歌師範となり,宮廷和歌の指導者として君臨後白河法皇の院宣を奉じて,文治4 (88) 年『千載和歌集』を単独撰進。『五社百首』 (90) ,『守覚法親王家五十首』 (97) ,『千五百番歌合』などで円熟した歌境をみせた。『新古今集』に 72首入集。歌風は温雅で,抒情性に富む。家集『長秋詠藻』は六家集の一つ。歌論書『古来風躰抄』があり,ほかに『万葉集時代考』など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原俊成
ふじわらのしゅんぜい
藤原俊成」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐しゅんぜい【藤原俊成】
平安末・鎌倉初期の歌人。名は、「としなり」とも。俊忠(御子左家)の子。定家の父。正三位皇太后宮大夫に至り、五条三位と称された。「千載和歌集」の撰者。和歌は藤原基俊に師事したが、むしろ源俊頼の影響をうけ、幽玄の歌を確立。古今調から新古今調への橋渡しをした。「久安百首」の作者にはいり、歌合の判者などとして活躍し、清輔没後は歌壇の第一人者となった。西行とも親交があった。家集に「長秋詠藻」があり、歌論書「古来風体抄」の著がある。永久二~元久元年(一一一四‐一二〇四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじわら‐の‐としなり【藤原俊成】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤原俊成
ふじわらのしゅんぜい
1114〜1204
平安末期・鎌倉初期の歌人
名は「としなり」ともいう。法号は釈阿。後白河法皇の命で『千載和歌集』を撰進。六条家と抗争し歌の家として御子左 (みこひだり) 家の基を築いた。歌風は余情・幽玄体の新境地。主著に家集『長秋詠藻』,歌論『古来風体 (ふうてい) 』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原俊成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原俊成の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation