@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤原信実【ふじわらの のぶざね】

美術人名辞典

藤原信実
鎌倉前・中期の廷臣。隆信の子。左京権大夫・正四位下に至る。のち出家して寂西と号する。画・和歌を能くし、写実的な肖像技法を父に学ぶ。また藤原定家に師事し歌人としても知られた。文永3年(1266)存。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐のぶざね〔ふぢはら‐〕【藤原信実】
[1176~1265ころ]鎌倉前・中期の宮廷画家・歌人。隆信の子。法名、寂西。似絵(にせえ)の技法を発展させ、「後鳥羽上皇像」「随身庭騎絵巻(ずいしんていきえまき)」「三十六歌仙絵巻」などの作者と伝えられる。また「今物語」の著者とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原信実 ふじわらの-のぶざね
?-? 鎌倉時代の画家,歌人。
藤原隆信(たかのぶ)の子。正四位下,左京権大夫。似絵(にせえ)の名手で,「後鳥羽(ごとば)天皇像」(水無瀬(みなせ)神宮),「随身庭騎絵巻」(大倉集古館),佐竹本「三十六歌仙絵巻」などの作者とつたえられる。歌は「新勅撰和歌集」などに130首余。説話集「今物語」の作者でもある。没年は文永2年(1265)など諸説があり,90歳くらいだったとされる。初名は隆実。法名は寂西。家集に「信実朝臣(あそん)集」。
【格言など】冬野にはこがら山がらとびちりて又いろいろの草の原かな(「夫木和歌抄」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらののぶざね【藤原信実】
1176?‐1266ころ(安元2?‐文永3ころ)
鎌倉時代の画家,歌人。父は藤原隆信。初名を隆実といい,備後守,左京権大夫に任ぜられ正四位下に叙せられた。1248年(宝治2)ころ出家し寂西と号した。父の画才をうけおもに鎌倉時代肖像画の新分野である似絵(にせえ)の画家として名声を得た。後鳥羽院御幸あらましの図,四季絵,後堀河院の北面・下﨟・随身像など多くの作画記録があるが,後鳥羽院と似絵の愛好で知られる後堀河院の時代に集中する。確証を欠くが《中殿御会図巻》(模本現存),《後鳥羽天皇像》(水無瀬神宮),《随身庭騎絵巻》(大倉文化財団)の一部は信実筆と推定されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原信実
ふじわらののぶざね
[生]安元2(1176)
[没]文永2(1265)/文永3(1266)頃
鎌倉時代初期の廷臣,画家。藤原隆信の子。左京権大夫,正四位下にいたり,晩年は出家して寂西と号した。父から写実的な肖像画技法を継承し,微妙な墨線を重ねて対象に迫るその様式は,当時似絵 (にせえ) と呼ばれた。後鳥羽上皇に重んじられ,『中殿御会図』 (1218) や水無瀬離宮の四季絵などを描いた。承久3 (21) 年上皇の隠岐配流の際,信実を召して肖像を描かせたことは名高い。現存する2種の『後鳥羽上皇御影』 (水無瀬神宮) や『随身庭騎絵巻』 (大倉文化財団) は彼の作と推定される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原信実
ふじわらののぶざね

生没年未詳。鎌倉中期の宮廷画家、歌人。一説に文永(ぶんえい)2年(1265)12月15日没、89歳。藤原隆信(たかのぶ)の子、定家(ていか)の甥(おい)にあたる。20代前半まで隆実(たかざね)と称す。廷臣として仕え、中務権大輔(なかつかさごんのたいふ)を経て1231年(寛喜3)には正四位下、左京権大夫(さきょうごんのだいぶ)となる。晩年に出家し、寂西(じゃくせい)と号す。父隆信の肖像画の技法を受け継いで、似絵(にせえ)を発展・完成させた。1218年(建保6)には『中殿御会(ちゅうでんぎょかい)図巻』(模本が現存)を描き、また21年(承久3)には承久(じょうきゅう)の乱ののち隠岐(おき)に配流される直前の後鳥羽(ごとば)院の肖像画を描いたことが記録されている。33年(天福1)には当時の著名な歌人36人の肖像画を描くなど、その盛んな作画活動が知られる。伝称作品も多いが、大阪府・水無瀬(みなせ)神宮蔵の『後鳥羽院像』(国宝)は似絵の技法による優品で、前述の記録にもよく当てはまる。また『随身庭騎(ずいしんていき)絵巻』(東京・大倉集古館)、『三十六歌仙絵巻』(佐竹(さたけ)本)にも信実の描いた部分が含まれていると考えられる。歌人としても活躍し、『新勅撰(ちょくせん)集』などの歌集にその作品が選入されているほか、家集『信実朝臣(あそん)集』も現存する。さらに説話集『今(いま)物語』も著しており、その多才さがうかがわれる。

[加藤悦子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐のぶざね【藤原信実】
鎌倉初期の歌人、画家。為経(寂超)の孫、隆信の子。正四位下左京権大夫に至る。肖像画にすぐれ、「中殿御会図巻」「後鳥羽院像」「三十六歌仙絵巻(佐竹本)」「随身庭騎絵巻」などはその作とされる。家集に「信実朝臣集」があり、「今物語」の著者とされる。治承元~文永二年頃(一一七七‐一二六五頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤原信実
ふじわらののぶさね
1177〜1265?
鎌倉初期の画家・歌人
隆信の5男。父とともに似絵 (にせえ) が得意で,『北野天神縁起絵巻』『後鳥羽天皇像』『隋身庭騎絵巻』の作者といわれる。歌では藤原定家らとともに新三十六歌仙の一人に数えられた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原信実」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原信実の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation