@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤原基経【ふじわらのもとつね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原基経
ふじわらのもとつね
[生]承和3(836).京都
[没]寛平3(891).1.13. 京都
平安時代前期の廷臣。長良の子。母は光孝天皇の外祖父藤原綱継の娘乙春。叔父良房の養子となり宗家を継いだ。仁寿1 (851) 年文徳天皇の親臨を得て加冠し,翌年蔵人。その後,左兵衛少尉,侍従左兵衛佐少納言,左近衛少将,蔵人頭,播磨介,左近衛中将などを経て貞観6 (864) 年参議。同8年応天門の変に際しては良房とはかって大伴氏,紀氏の勢力をそぎ,藤原氏政権の基礎を築いた。同年中納言,同 10年左大将,同 11年按察使,同 12年大納言,同 14年右大臣。同 18年幼帝陽成天皇の践祚とともに摂政,元慶4 (880) 年関白,太政大臣。同7年頃からは天皇と不和となって出仕せず,翌年陽成天皇を廃し,時康親王を立てて光孝天皇とした。しかし,天皇は基経をはばかって皇太子を定めないまま仁和3 (887) 年に崩じたので次代宇多天皇も基経の意思によって嗣立された。即位の直後,関白のを受けたが,その辞句を口実としていわゆる阿衡事件を生み,ついに詔書を改作させて,天皇に対する発言力を絶対化した。寛平2 (890) 年病にかかって関白を辞した。死後正一位を贈られ越前国に封じられた。昭宣公撰修に『日本文徳天皇実録』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐もとつね〔ふぢはら‐〕【藤原基経】
[836~891]平安前期の公卿。諡号(しごう)、昭宣公。通称、堀河太政大臣。叔父良房の養子となり、応天門の変伴善男を失脚させ、また、光孝宇多両天皇を擁立して最初の関白となり、娘温子を女御とするなど、藤原北家の権力を固めた。「文徳実録」を撰進。→阿衡(あこう)事件

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原基経 ふじわらの-もとつね
836-891 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
承和(じょうわ)3年生まれ。北家藤原長良(ながら)の3男。叔父良房の養嗣子。右大臣をへて,元慶(がんぎょう)4年(880)太政大臣。8年陽成(ようぜい)天皇を廃立,光孝天皇をたてて実質上はじめての関白となる。仁和(にんな)3年(887)宇多天皇即位のとき,関白の職掌をめぐって「阿衡(あこう)の紛議」をおこした。「日本文徳天皇実録」を撰進。寛平(かんぴょう)3年1月13日死去。56歳。贈正一位。諡(おくりな)は昭宣公。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのもとつね【藤原基経】
836‐891(承和3‐寛平3)
平安初期の官人。堀河大臣とも称された。藤原長良の三子で,母は藤原乙春。のち良房の養子となり,養父のあとをうけて氏長者として藤原北家の隆盛を画した。851年(仁寿1)16歳のときに文徳天皇から加冠されて元服し,蔵人,左兵衛佐,少納言,侍従などを経て,清和天皇が即位した直後の858年(天安2)10月に蔵人頭となった。ついで864年(貞観6)29歳で参議となり,翌々年の応天門の変では,父良房とともに政敵伴善男を失脚させることに成功し,その年12月には従三位となり7人を超えて中納言となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原基経
ふじわらのもとつね
(836―891)

平安前期の官僚。藤原長良(ながら)(良房(よしふさ)の兄)の第3子で、母は藤原乙春(おとはる)。藤原良房の養子となり、養父を継いで氏長者(うじのちょうじゃ)となり、いわゆる藤原摂関家隆盛の基礎をつくりあげた。851年(仁寿1)に16歳で文徳(もんとく)天皇から加冠されて元服し、858年(天安2)に即位した清和(せいわ)天皇のもとで蔵人頭(くろうどのとう)となり、864年(貞観6)には29歳で参議となった。2年後の「応天門の変」では源信(まこと)の無実を伝え、伴善男(とものよしお)が失脚したのち、7人を抜いて中納言(ちゅうなごん)となり、872年には正三位(しょうさんみ)右大臣となった。ときに37歳。その政治は良房の先例を法的に整合性をもった体系として位置づけようとした点にあり、後世に先例として尊重された。基経が形式を重んじた理由もこれと無縁ではあるまい。良房の死(872)後、摂政(せっしょう)となったとする史料もあるが、後世の付会であろう。876年陽成(ようぜい)天皇に譲位するにあたって清和天皇は良房の例にならって摂政となるように詔(みことのり)している。

 880年(元慶4)太政(だいじょう)大臣に任ぜられたが、その職掌に疑義をもっていたらしく固辞し、基経の出仕しない日も多かったらしい。4年後言動に問題のあった陽成天皇を廃位し、光孝(こうこう)天皇を擁立したが、新天皇は基経に万機をゆだねる旨の詔を出したことにより、実質上の関白となった。887年(仁和3)宇多(うだ)天皇の即位にあたって基経に与えた関白の詔の文字をめぐって起こった阿衡(あこう)事件は基経の政治姿勢を象徴している。890年(寛平2)准三宮(じゅさんぐう)となる。翌年正月13日に没し、正一位・昭宣公が贈られ、越前(えちぜん)に封ぜられた。菅原道真(すがわらのみちざね)らとも交わり、『日本文徳天皇実録』の編纂(へんさん)にも携わった。

[佐藤宗諄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐もとつね【藤原基経】
平安前期の公卿。太政大臣。関白。通称、堀河太政大臣。父は長良。母は総継の娘。叔父良房の養子となる。応天門の変で伴善男を失脚させ、貞観一四年(八七二)良房の後をつぎ、陽成天皇の摂政となったが、陽成天皇を廃して光孝天皇を迎立。執政を委任され、後の関白職をひらき、次いで宇多天皇をたて、最初の関白の詔を賜わったが、この時阿衡(あこう)事件を起こし、天皇家に対する藤原氏の発言力を確立。死後、越前公に封ぜられ、昭宣公の諡号(しごう)を賜わる。承和三~寛平三年(八三六‐八九一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤原基経
ふじわらのもとつね
836〜891
平安前期の公卿
摂政・関白。通称堀河太政大臣。長良 (ながら) の子。叔父良房の養子となってしだいに昇進。884年陽成天皇に代えて光孝天皇を立て,事実上最初の関白となり,887年阿衡事件以後名実ともに関白となった。『日本文徳天皇実録』の撰修を主宰

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原基経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原基経の関連情報

関連キーワード

ボージャ1世森林認証制度ラベリング韋荘四天王寺ニューヨーク州晩唐サーマッラー真済

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation