@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤原忠通【ふじわらのただみち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原忠通
ふじわらのただみち
[生]永長2(1097).1.29. 京都
[没]長寛2(1164).2.19. 京都
平安時代後期の廷臣。別称,法性寺 (ほっしょうじ) 殿。忠実の長男。母は右大臣源顕房の娘師子。保安2 (1121) 年父が白河法皇との確執で辞職したあとをうけて関白となったが,これによって父と不和になった。翌年左大臣,従一位,翌々年崇徳天皇の摂政,大治3 (28) 年太政大臣,同4年関白となった。同年鳥羽上皇の院政が開始され,政界に復帰した忠実,その寵愛を受ける弟頼長と対立。永治1 (41) 年近衛天皇の摂政,久安6 (50) 年関白となったが,氏長者の地位は頼長に奪われた。保元1 (56) 年保元の乱 (→保元・平治の乱 ) 後再び氏長者となり,同3年関白地位を嫡子基実に譲って引退。応保2 (62) 年出家,法名を円観といった。漢詩集『法性寺関白集』,和歌集『田多民治集』があり,書では法性寺流始祖

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐ただみち〔ふぢはら‐〕【藤原忠通】
[1097~1164]平安後期の公卿忠実長男別称、法性寺殿(ほっしょじどの)。摂政・関白。美福門院と結んでおよび弟頼長対立し、保元の乱の原因となった。書にすぐれて、法性寺流開祖。漢詩集「法性寺関白集」、家集「田多民治(ただみち)集」、日記「法性寺関白記」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原忠通 ふじわらの-ただみち
1097-1164 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
永長2年閏(うるう)1月29日生まれ。藤原忠実(ただざね)の長男。母は源師子。白河法皇に罷免された父にかわり,関白,摂政,太政大臣を歴任。従一位にいたる。鳥羽(とば)院政で復権した父と権力をあらそい,保元(ほうげん)の乱の一因をつくった。詩歌にすぐれ,書は法性寺(ほっしょうじ)流と称される。長寛2年2月19日死去。68歳。通称は法性寺殿。漢詩集に「法性寺関白御集」,家集に「田多民治(ただみち)集」。
【格言など】わたの原漕ぎ出でて見れば久方の雲居にまがふ沖つ白波(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのただみち【藤原忠通】
1097‐1164(承徳1‐長寛2)
平安後期の廷臣。関白忠実の長男。母は源顕房女。法性寺(ほつしようじ)殿とよばれた。1107年(嘉承2)元服後急速に昇進し15年(永久3)には内大臣。21年(保安2)父の失脚に替わり関白・氏長者となり,翌年左大臣に転じた。23年崇徳天皇が即位すると摂政となり,28年(大治3)太政大臣,翌年天皇元服後太政大臣を辞し,ついで関白となった。同年白河法皇が没し鳥羽院政となるが,32年(長承1)に父忠実は院宣により内覧を命ぜられて政界に復帰した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原忠通
ふじわらのただみち
(1097―1164)

平安後期の公卿(くぎょう)で、能書。関白藤原忠実(ただざね)の長男。悪左府頼長(よりなが)の兄。母は村上源氏右大臣顕房(あきふさ)の女(むすめ)師子。太政(だいじょう)大臣従(じゅ)一位。法性寺(ほっしょうじ)殿。1121年(保安2)父にかわり関白・氏長者(うじのちょうじゃ)となる。以後鳥羽(とば)・崇徳(すとく)・近衛(このえ)・後白河(ごしらかわ)の4代にわたり1158年(保元3)まで摂政(せっしょう)・関白を務める。近衛天皇在位中、天皇の生母美福門院(びふくもんいん)藤原得子(とくし)の信任を得る忠通と、天皇の父鳥羽院の信任を得る忠実・頼長との間に確執が生じ、忠通・頼長はそれぞれ養女を天皇に入内(じゅだい)させて争った。忠実は忠通の氏長者を奪って頼長に与え、さらに頼長を内覧(ないらん)としたが、忠実・頼長は天皇呪詛(じゅそ)の疑いを受けて鳥羽院の信を失い、崇徳院と結んで保元(ほうげん)の乱(1156)に敗れる。忠通はふたたび氏長者となるが、やがて長子基実(もとざね)にこれを関白とともに譲り、自らは別業(別荘)法性寺に隠退、詩歌三昧(ざんまい)の余生を送った。1162年(応保2)法性寺で出家、法名円観。2年後の長寛(ちょうかん)2年2月19日没。68歳。書に秀で、法性寺流の祖となった。

[飯田悠紀子]

 能書家として知られ、白河阿弥陀(あみだ)堂供養願文の清書(18歳)をはじめ、最勝寺、円勝寺、成勝寺、金剛勝院など諸寺の門額(もんがく)の揮毫(きごう)、除目(じもく)の清書、一品経結縁(いっぽんきょうけちえん)供養への参加(59歳)など、華々しい活躍を遂げる。遺墨に東京国立博物館所蔵の書状や『勧学会記(かんがくえのき)』(東京・西新井(にしあらい)大師)などが伝存する。扁平な字形と重厚で強靭(きょうじん)な筆勢を特徴とする書風は孫の後京極良経(よしつね)に受け継がれ、「法性寺流」の名で平安末から鎌倉中期に盛行した。

[神崎充晴]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

藤原忠通 (ふじわらのただみち)
生年月日:1097年1月29日
平安時代後期の公卿
1164年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐ただみち【藤原忠通】
平安後期の公卿。別称法性寺殿。摂政・関白。父は忠実。母は源顕房の娘。父関白が罷免された後、関白を継いだが、弟頼長を愛する父と不和となって氏長者を奪われる。美福門院得子と結び鳥羽法皇の信任を得て、保元の乱で弟頼長を倒して再び氏長者となる。書は法性寺流の祖といわれ、歌集に「田多民治集」、漢詩集に「法性寺関白集」、日記「法性寺関白記」などがある。承徳元~長寛二年(一〇九七‐一一六四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤原忠通
ふじわらのただみち
1097〜1164
平安後期の公卿
摂政・関白。通称法性寺殿。忠実の長男。氏長者の地位をめぐって父や弟頼長と不和になり,保元の乱(1156)では後白河上皇方で勝利。頼長は戦死した。晩年は法性寺に隠退。日記に『法性寺関白記』。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原忠通」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原忠通の関連情報

関連キーワード

承徳源経信日本年号一覧永長承徳万寿寺源経信五摂家新日本製鐵[株]

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation