@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤原泰衡【ふじわらのやすひら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原泰衡
ふじわらのやすひら
[生]久寿2(1155)
[没]文治5(1189).9.3. 平泉
平安時代末期~鎌倉時代の奥羽の豪族。陸奥押領使。秀衡の次男。母は基成の娘。文治3 (1187) 年父の死により陸奥,出羽両国の支配者の地位を受継いだ。当時は源頼朝に離反したその弟源義経が秀衡のもとに庇護されていた。頼朝は泰衡に対して義経の逮捕送進を要求,泰衡は文治5 (89) 年閏4月義経を衣川館に襲って殺し,その首を鎌倉の頼朝に送った。同年8月頼朝軍の来攻を受けて各地で敗れ,同月 21日に本拠の平泉館を焼いて逃走したが,部下に殺され,ここに奥州藤原氏滅亡した。 (→平泉文化 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐やすひら〔ふぢはら‐〕【藤原泰衡】
[1155~1189]平安末期の陸奥(むつ)豪族秀衡の子。父の遺言源義経をかくまったが、頼朝方の圧迫に耐えかね、衣川の館(たて)に攻めて殺した。のち、頼朝に攻められて逃走中、部下に殺され、奥州藤原氏は滅亡。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原泰衡 ふじわらの-やすひら
1155-1189 平安後期-鎌倉時代の豪族。
久寿2年生まれ。藤原秀衡(ひでひら)の次男。母は藤原基成の娘。奥州藤原氏の4代。陸奥(むつ)・出羽(でわ)押領使(おうりょうし)。文治(ぶんじ)5年源頼朝の圧力により,平泉で源義経を殺害。同年幕府の征討軍をむかえて敗れ,9月3日蝦夷(えぞ)地にのがれる途中家臣の河田次郎に殺された。35歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのやすひら【藤原泰衡】
1155‐89(久寿2‐文治5)
藤原秀衡の次男。母は藤原基成の娘。陸奥・出羽押領使。1187年(文治3)父の没後,奥州藤原氏代目となる。源頼朝の強請によって平泉にいた源義経を殺すが,許されず,89年7月頼朝の攻撃を受け,北海道に渡ろうとして敗走,途中肥内郡贄柵(にえのさく)で郎従の河田次郎に殺された。その首は頼朝のもとに届けられたが返され,中尊寺金色堂の父秀衡の金棺のかたわらに葬られた。奥州征伐【大石 直正】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原泰衡
ふじわらのやすひら
(1155―1189)

鎌倉初期東北の武将。奥州藤原氏第4代。秀衡(ひでひら)二男。源頼朝(よりとも)の征服にあい、平泉(ひらいずみ)百年の社稷(しゃしょく)を失った。父秀衡の晩年から平泉と鎌倉間は義経(よしつね)の取扱いをめぐり冷戦状態に入っていた。秀衡の死後、泰衡は頼朝の圧力に屈して義経を殺し、弟忠衡(ただひら)をも討ったが、頼朝はこれを許さず、1189年(文治5)大軍をもって攻めた。泰衡は蝦夷島(えぞがしま)に逃れようとして、9月3日肥内(ひない)郡贄柵(にえのさく)(秋田県大館(おおだて)市)で郎従河田次郎により殺され、奥州藤原氏は滅びた。

[高橋富雄]

『高橋富雄著『奥州藤原四代』(1958・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐やすひら【藤原泰衡】
鎌倉初期の陸奥の豪族。秀衡の第二子。父の後を継いで、陸奥出羽六郡をおさめ、義経を衣川館に庇護したが、頼朝の圧迫を受け、文治五年(一一八九)義経を殺害した。これによって頼朝の歓心を得ようとしたが、逆に攻められ、逃走中に郎従河田次郎のため殺された。久寿二~文治五年(一一五五‐八九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤原泰衡
ふじわらのやすひら
1155〜89
平安末期の陸奥国の豪族。奥州藤原氏第4代
秀衡の2男。父の死後陸奥国押領使となり,遺言に抗しきれず源義経をかくまったが,頼朝の圧迫により義経を攻め殺した。1189年頼朝に攻められ敗死,奥州藤原氏は滅亡した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原泰衡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原泰衡の関連情報

関連キーワード

近衛天皇源義賢後白河天皇グレゴリウス8世アルノルド派後白河天皇洞爺丸台風事故鴨長明高陽院建礼門院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation