@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤原為世【フジワラノタメヨ】

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐ためよ〔ふぢはら‐〕【藤原為世】
[1251~1338]鎌倉後期の歌人為氏の子。法名、明釈。二条家嫡流で伝統的立場を守り、進歩的な京極為兼対立。「新後撰集」「続千載集」を撰進。歌論書「和歌庭訓抄」など。二条為世

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふじわらのためよ【藤原為世】
1251~1338 鎌倉後期の歌人。為氏の子。二条派の嫡流で、京極為兼と対立。歌風は平淡。「新後撰和歌集」「続千載和歌集」を撰し、「続拾遺和歌集」以下の勅撰集に一七七首入集。歌論「和歌庭訓抄」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐ためよ【藤原為世】
鎌倉後期の歌人。為氏の子。正二位権大納言に至る。二条家の嫡流として、大覚寺統の庇護を受けて「新後撰集」「続千載集」の撰者となり、持明院統と結びついた京極家の為兼と激しく対立して、その論争を「延慶両卿訴陳状」として著わした。晩年、娘の為子が寵を受けた後醍醐天皇の即位により、歌壇の長老として重んじられた。門下に頓阿など。歌学書「和歌庭訓抄」などの著がある。建長三~延元三年(一二五一‐一三三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原為世
ふじわらのためよ
二条為世」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原為世
ふじわらのためよ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原為世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原為世の関連情報

関連キーワード

暦応北条時宗モンケ=ハン幽玄余情足利尊氏北畠顕家延元足利尊氏

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation