@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤原秀衡【ふじわらのひでひら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原秀衡
ふじわらのひでひら
[生]? 平泉
[没]文治3(1187).10.29. 平泉
平安時代末期~鎌倉時代初期の陸奥の豪族。基衡の子。父の跡を継いで奥州に勢力を張り,奥州藤原氏の最盛期を現出した。嘉応2 (1170) 年鎮守府将軍に任命され,源頼朝の挙兵後,養和1 (81) 年陸奥守に任じられて,頼朝の背後を突くことを命じられたが動かなかった。平氏滅亡後も頼朝にとって隠然たる敵対勢力を形成し,頼朝と対立した源義経を平泉にかくまった。死にのぞんで,子の国衡,泰衡に,義経主君と仰いで結束し頼朝攻略の策をめぐらすよう遺言したと伝えられる。秀衡も父祖の例にならって,無量光院を建てた。彼の遺体はミイラとなって中尊寺金色堂に収められている。 (→平泉文化 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐ひでひら〔ふぢはら‐〕【藤原秀衡】
[?~1187]平安後期の陸奥(むつ)の豪族基衡の子。鎮守府将軍。平家滅亡後は、源義経をかくまって頼朝対抗奥州藤原氏3代の栄華頂点をつくった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原秀衡 ふじわらの-ひでひら
1122-1187 平安時代後期の豪族。
保安(ほうあん)3年生まれ。藤原基衡(もとひら)の子。母は安倍宗任(むねとう)の娘。奥州藤原氏の3代。鎮守府将軍となり,養和元年(1181)平氏政権同盟を期待されて陸奥守(むつのかみ)に任じられる。源平争乱では中立をまもるが,のち源頼朝に反した源義経を平泉で保護した。義経を主君とする一族の結束を遺言し,文治(ぶんじ)3年10月29日死去。66歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのひでひら【藤原秀衡】
1122‐87(保安3‐文治3)
平安末期の東北地方の武将。父は藤原基衡。1170年(嘉応2)5月25日鎮守府将軍,従五位下となり,81年(養和1)8月25日陸奥守,従五位上となる。83年(寿永2)にも鎮守府将軍だった。陸奥守との兼官かと思われる。奥州藤原氏の3代目として,奥羽一円におよぶ支配を確立した。源義経の保護者としても有名。それは74年(承安4)から80年(治承4)までと,85年(文治1)からその死にいたるまでの,2度にわたる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじわらのひでひら【藤原秀衡】
?~1187 平安末期・鎌倉初期の陸奥の豪族。基衡の子。鎮守府将軍。平氏滅亡後、源義経をかくまって頼朝と対立した。奥州藤原氏三代の最盛期を現出、嘉勝寺無量光院を建立。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原秀衡
ふじわらのひでひら
(1122―1187)
古代末期東北の武将。清衡(きよひら)の孫、基衡(もとひら)の子。鎮守府将軍。陸奥守(むつのかみ)に任ぜられて、平泉(ひらいずみ)政権を北方の独立王国の地位に高めるとともに、平氏、源氏と並ぶ第三の政治勢力として評価されるまで権威あるものにした。
 1170年(嘉応2)彼が鎮守府将軍に任ぜられたときには、心ある公家(くげ)はこれを「乱世の基」であると評した。なぜなら、陸奥現地の者はこの職に任じない規定だったからである。また源平合戦のさなか81年(養和1)陸奥守に任命されるが、これは、前例のない東北政治の地元委譲として論議をよんだ。平家は鎌倉の源頼朝(よりとも)を牽制(けんせい)し、頼朝を征討できる唯一の東国勢力として秀衡を評価し、この地位につけて鎌倉を謀ろうとしたのである。秀衡は一方で京都とこのように結ぶとともに、他方では86年(文治2)鎌倉とも友好協定を結んで、平泉のバランスとしての地位を確立している。晩年、頼朝に追われている義経(よしつね)をかくまい、死後、彼と子泰衡(やすひら)らとの協力による平泉の独立を策したが、これはかえって平泉滅亡の因となった。無量光院を建てている。文治(ぶんじ)3年10月29日死去。[高橋富雄]
『高橋富雄著『奥州藤原四代』(1958・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐ひでひら【藤原秀衡】
平安末期の陸奥の豪族。出羽押領使基衡の子。平泉に館を構え、白河関以北を支配、鎮守府将軍となる。平氏滅亡後も頼朝に従わず、義経を庇護して屈せず、子泰衡に義経擁護を命じて死んだ。京都文化を移植して嘉勝寺無量光院をつくり、奥州藤原氏三代の栄華の頂点を示した。遺骸は中尊寺金色堂に収められている。文治三年(一一八七)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤原秀衡
ふじわらのひでひら
?〜1187
平安末期の陸奥国の豪族。奥州藤原氏第3代
清衡の。鎮守府将軍・陸奥守に任命され,平泉を本拠に奥州に勢威をふるった。亡命した源義経を保護して頼朝に従わなかった。遺骸はミイラとして中尊寺金色堂に納められている。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原秀衡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原秀衡の関連情報

関連キーワード

グレゴリウス8世藤原家通ウルバヌス3世クレメンス3世日赤の戦時救護班日赤の救護班阿弥陀寺記録所高宗舜天王

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation