@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤原顕頼【ふじわらのあきより】

世界大百科事典 第2版

ふじわらのあきより【藤原顕頼】
1094‐1148(嘉保1‐久安4)
平安後期の公卿。葉室家の祖権中納言顕隆の長男。母は鳥羽天皇の乳母典侍悦子。1107年(嘉承2)鳥羽天皇践祚せんそ)後まもなく蔵人に補されて以来,天皇に近侍し,左衛門権佐,右中弁,蔵人頭などを歴任し,31年(天承1)参議に昇り,さらに権中納言に進んだが,41年(永治1)これを辞し,民部卿に任ぜられた。しかしその後も重要な政務に参議し,諮問にあずかったので〈君の腹心〉と称され,内外の権を執って勢威をふるったと評された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原顕頼 ふじわらの-あきより

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

藤原顕頼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原顕頼の関連情報

関連キーワード

サルグル朝ジール朝高齢運転者等専用駐車区間大江広元キューバ共和国三千院周期表隆寛伊予銀行[株]三千院

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation