@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤堂高虎【とうどう たかとら】

美術人名辞典

藤堂高虎
安土桃山・江戸前期の大名。伊勢津藩初代藩主。近江生。虎高の次男。幼名与吉、通称与右衛門。初め浅井長政に仕え、のち織田信澄羽柴秀長に仕え戦を挙げる。一時高野山に入るが、豊臣秀吉懇命によりその直臣となった。秀吉歿後、徳川家康の信を得、関ヶ原の戦、大坂で活躍した。城普請名手として知られ、茶の湯能楽・文学等を嗜む文化人でもあった。寛永7年(1630)歿、75才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

とうどう‐たかとら〔トウダウ‐〕【藤堂高虎】
[1556~1630]安土桃山時代・江戸初期の武将近江(おうみ)の人。浅井長政羽柴秀長豊臣秀吉らに仕えた。関ヶ原の戦い大坂の陣では徳川家康に属し、その功により伊勢・伊賀など32万石に封ぜられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤堂高虎 とうどう-たかとら
1556-1630 織豊-江戸時代前期の大名。
弘治(こうじ)2年1月6日生まれ。浅井長政,羽柴秀長,豊臣秀吉につかえる。秀吉没後は徳川家康にちかづき,関ケ原の戦いでは東軍に属し戦功をあげた。伊予(いよ)(愛媛県)今治(いまばり)藩主から慶長13年伊勢(いせ)津藩主藤堂家初代となる。32万3950石。大坂夏の陣では真田(さなだ)幸村のため苦戦していた家康をたすけた。寛永7年10月5日死去。75歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。
格言など】上として人を御疑い候えば,下また上を疑い,上下疑いこれあるときは,上と下との心離れ申候

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とうどうたかとら【藤堂高虎】
1556‐1630(弘治2‐寛永7)
江戸初期の外様大名。伊勢津藩主。近江国に生まれる。浅井長政,織田信澄に仕えたあと,羽柴(豊臣)秀長の家臣となり,賤ヶ岳の戦をはじめとして数々の軍功を挙げる。1587年(天正15)従五位下佐渡守に叙任。文禄の役には秀長の子秀俊に代わって出兵し,水軍を指揮。95年(文禄4)秀俊の死にあって高野山に入るが,豊臣秀吉に召され伊予宇和島7万石を得た。慶長の役にも朝鮮に渡海。秀吉の死後は徳川家康に近づき,関ヶ原の戦では東軍に属し,福島正則らと岐阜城攻略にあたる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤堂高虎
とうどうたかとら
[生]弘治2(1556).近江,藤堂
[没]寛永7(1630).10.5. /寛永7(1630).11.18.
江戸時代初期の大名。安濃津藩。虎高の子。通称,与右衛門,佐渡守,和泉守。初め浅井長政に仕え,のち織田信澄,羽柴秀長,秀保に仕えて軍功があった。秀保の死後,高野山にいたが,豊臣秀吉に迎えられ文禄・慶長の役では水軍の将となった。関ヶ原の戦いでは徳川軍に属し,慶長 13 (1608) 年伊勢,伊賀 22万 950石を与えられ,津城に入る。大坂の陣後 32万 4000石に加増された。従四位下,寛永2 (25) 年侍従,同3年左少将に叙任された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤堂高虎
とうどうたかとら
(1556―1630)

安土(あづち)桃山・江戸前期の大名。津(つ)(安濃津(あのつ))藩祖。父虎高は、近江(おうみ)国(滋賀県)の郷士三井氏の次男で、犬上(いぬかみ)郡藤堂村(現、同郡甲良(こうら)町)の藤堂氏を継いだ。高虎は初め与吉(よきち)と称し、浅井氏に属して15歳で初陣、21歳で木下秀長(ひでなが)に300石を給され、与右衛門(よえもん)となる。容貌(ようぼう)偉大で身長6尺3寸(約190センチメートル)といわれた。やがて豊臣(とよとみ)秀吉に認められ、1585年(天正13)紀州一揆(いっき)鎮圧の功で1万石になり、87年島津征圧の功で2万石に上昇して紀州粉川(こかわ)(和歌山県紀の川市粉河)の主となった。北条征圧、文禄(ぶんろく)の役に参戦し、帰国して高野山(こうやさん)に出家したが秀吉に下山を命じられ、伊予(愛媛県)宇和島(うわじま)7万石の藩主になった。慶長(けいちょう)の役にも出陣した。関ヶ原の戦いでは徳川家康に味方して今治(いまばり)城主20万石、従(じゅ)四位下、和泉守(いずみのかみ)となった。1608年(慶長13)伊賀(三重県)全国と伊勢(いせ)国(三重県)安濃(あの)・一志(いちし)郡に20万石余を与えられ、安濃津(津市南部)に入城、15年(元和1)、17年伊勢国内で各5万石を増封され(のち5万石を山城(やましろ)・大和(やまと)国の一部と交換)、伊予国越智(おち)郡内の2万石とあわせ計32万3951石の外様(とざま)大名となった。居城を津に置いて領地を支配したが、伊賀上野(うえの)にも城を築いて有事に備えた。

[深谷克己]

『藤田達生著『江戸時代の設計者――異能の武将・藤堂高虎』(講談社現代新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

藤堂高虎 (とうどうたかとら)
生年月日:1556年1月6日
安土桃山時代;江戸時代前期の武将;大名
1630年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうどう‐たかとら【藤堂高虎】
安土・桃山時代から江戸初期の武将。近江国(滋賀県)の人。藤堂藩初代藩主。浅井長政、羽柴秀長に仕え軍功をたてた。のち秀吉に招かれ、その死後家康につき、関ケ原の戦い、大坂の陣で功をたてた。弘治二~寛永七年(一五五六‐一六三〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤堂高虎
とうどうたかとら
1556〜1630
安土桃山〜江戸時代初期の外様大名
伊勢(三重県)津藩初代藩主。浅井・織田両氏に仕え,文禄・慶長の役に水軍を指揮,豊臣秀吉から伊予(愛媛県)板島7万石を与えられた。1600年関ケ原の戦いに徳川氏に属し功をたて伊予今治20万石の大名となった。'08年大坂方に対する要地,伊賀(三重県)・伊勢22万石に転封され,大坂夏の陣で徳川家康の危機を救った功により加増され,32万石の大藩を領した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤堂高虎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤堂高虎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation