@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤壺【ふじつぼ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤壺
ふじつぼ
源氏物語』中の女性。桐壺帝の中宮。先の女四ので,壺に住む。光源氏の亡母桐壺更衣 (こうい) に似た美貌で,輝く日の宮と呼ばれる。源氏は藤壺を慕い関係をもつようになる。帝の崩御後出家して薄雲女院と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじつぼ〔ふぢ‐〕【藤壺】
《庭に藤を植えていたところから》飛香舎(ひぎょうしゃ)異称
源氏物語中の人物桐壺帝の女御、のち中宮。光源氏との間に冷泉(れいぜい)帝をもうける。桐壺帝の崩御後、出家してとなる。光源氏の理想の女性。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふじつぼ【藤壺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ふじ‐つぼ ふぢ‥【藤壺】
[一] (「つぼ」は中庭。そこに藤が植えてあるところから) 平安京の内裏における諸舎の一つ。飛香舎(ひぎょうしゃ)の異称。後涼殿の北、弘徽殿の西にあり、ここで女御入内の儀が行なわれ、また后、女御の御在所となった。京都御所にも、寛政年間(一七八九‐一八〇一)の内裏造営のさい復興され、安政年間(一八五四‐六〇)に再建された建物が北部中央、朔平門の南に現存する。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
[二] (「ふじつぼ(藤壺)の上の御局」の略) 平安京内裏で、后、女御、更衣が清涼殿内にたまわる局(部屋)の一つ。母屋(もや)の北端、萩の戸の西に位置する。
※大鏡(12C前)三「ふぢつぼ・弘徽殿とのうへの御つぼねはほどもなくちかきに」
[三] 「源氏物語」の登場人物。先帝の第四皇女。桐壺帝の女御となり、のち、中宮となる。桐壺更衣と似ているため寵愛をうけたが、光源氏との物のまぎれにより冷泉帝を産み、生涯の心痛の種となる。桐壺帝の崩御後、東宮となった冷泉帝の安泰を願い出家。物語中の理想的人物の一人。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤壺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤壺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation