@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤岡【ふじおか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤岡
ふじおか
栃木県南部,栃木市南部の旧町域。利根川の支流渡良瀬川の下流部に位置する。1889年町制。1955年赤麻村,部屋村,三鴨村の 3村と合体。2010年栃木市,大平町,都賀町の 1市 2町と合体して栃木市となった。中心地区の藤岡は,江戸時代に渡良瀬川水運の河港市場町として繁栄。1918年利根川と渡良瀬川の洪水防止のため造成された渡良瀬遊水地に自生するアシを加工したよしずは特産品。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤岡
ふじおか
愛知県北部,豊田市北西部の旧町域。美濃三河高原上の三国山 (701m) の南東麓にある。 1978年町制。 2005年豊田市に編入。西隣の瀬戸市と豊田市の猿投山 (629m) があって,かつてはケイ砂粘土産地。瀬戸市の陶業に供給した蛙目粘土木節粘土で有名。粘土に代わって,砂婆 (さば) と呼ばれる花崗岩の風化物がセラミック製品原料として採取される。愛知高原国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじおか【藤岡】[地名]
群馬県南部の市。もと市場町から発展。藤岡の産地。平成18年(2006)1月、鬼石(おにし)町を編入。人口6.8万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじおか【藤岡】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじおか ふぢをか【藤岡】
群馬県南部の地名。東部を神流(かんな)川が流れ、埼玉県に接する。江戸時代、生糸・絹織物などの市場町として発展。瓦の特産地。昭和二九年(一九五四)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじおか ふぢをか【藤岡】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤岡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤岡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation