@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤戸【ふじと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤戸
ふじと
能の曲名。四番目物。作者未詳。藤戸の合戦先陣をあげた佐々木盛綱 (ワキ) が,新領地備前児島で訴訟ある者は申し出よとのおふれを出すと,一人の中年の女 (前シテ) が進み出て,わが子を殺された恨みを述べる。盛綱は女に問い詰められ,若い漁師に海の浅瀬を教えられて先陣の功を立てたが,他言を恐れて漁師を海に沈めたことを告白する。女はその漁師の母であった。盛綱はをわびて弔いを約束し,女を家に帰らせる (中入り) 。盛綱が管絃講で弔ううち,漁師の幽霊 (後シテ) が現れ,海に沈められ流されてゆくさまを再現するが,やがて弔いの功徳で成仏する。『平家物語』中の短い盛綱功名譚にりながら,戦功の犠牲になった庶民の怒りにテーマをしぼった,劇的起伏に富む

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじと〔ふぢと〕【藤戸】
岡山県倉敷市の地名。児島半島がもと島であったころは本土と「藤戸の渡し」で結ばれていた。源平合戦の古戦場
謡曲。四番目物。源平の合戦で藤戸の先陣のおり、佐々木盛綱は口封じのために漁師を殺した。漁師の母が盛綱に恨みを述べ、盛綱が弔うと漁師の亡霊が現れる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふじと【藤戸】
平曲,能の曲名。(1)平曲。平物(ひらもの)。拾イ物。敗戦で四国,九州の海域をさまよう身となった平家一門にとって,深まりいく秋のあわれはひとしおだった(〈三重(さんじゆう)・初重〉)。源氏方は源範頼総大将として名だたる武将の数を連ね,3万余騎で播磨の室(むろ)に着いた。屋島を根拠地とした平家は,源氏を迎え撃つため,平資盛(すけもり)を総大将に500余隻の船団を備前の児島に向かわせたので,源氏も同国の藤戸に布陣した(〈拾イ〉)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじと【藤戸】
能の一。四番目物。備前藤戸で先陣の功を立てた佐々木盛綱は、渡河によい浅瀬を教えてくれた土地の漁夫を口を封ずるために殺した。漁夫の母と漁夫の霊は盛綱の冷酷を責めるので供養をすると、ようやく霊は成仏した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじと ふぢと【藤戸】
[一] 岡山県倉敷市の地名。児島半島の基部にあたる。古くは児島湾に面していて、海岸は藤戸浦として知られ、藤戸の渡しがあった。源平の合戦の古戦場。
[二] 謡曲。四番目物。各流。作者未詳。「平家物語」による。藤戸のわたり先陣の功によって備前国児島を賜わった佐々木盛綱が領地にはいると、老女が来て盛綱に殺されたわが子を返してくれと嘆き訴える。盛綱は去年のこの地の戦いに、漁夫に浅瀬を教えてもらって功をたてたが、他に漏れることを恐れて殺したと語り、その男の供養を行なう。すると男の亡霊が現われて最期のありさまを語り、供養のおかげで成仏できるといって消える。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

藤戸
ふじと
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
延宝6(江戸・市村竹之丞座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤戸
(通称)
ふじと
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
音響藤戸濤
初演
慶応3.7(江戸・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤戸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation