@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤本鉄石【ふじもと てっせき】

美術人名辞典

藤本鉄石
幕末の尊攘志士備前生。名は真金、は鋳別号を鉄寒士・都門売茶翁。書画和歌漢詩を能くし、法に通ず。天誅組総裁として激しく尊攘論を主張した。文久3年(1863)歿、48才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ふじもと‐てっせき〔ふぢもと‐〕【藤本鉄石】
[1816~1863]江戸末期の志士。岡山藩士。通称、津之助。天誅組(てんちゅうぐみ)総裁となったが、討伐軍の攻撃を受けて戦死

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤本鉄石 ふじもと-てっせき
1816-1863 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文化13年3月17日生まれ。備前岡山藩につかえたが,脱藩諸国をめぐったのち京都で私塾言志塾をひらく。和歌,書画にもすぐれた。文久3年天誅(てんちゅう)組総裁となり吉村虎太郎(とらたろう)らと大和挙兵し,同年9月25日吉野郡鷲家(わしか)口で戦死。48歳。本姓は片山。名は真金(まかね)。字(あざな)は鋳公。通称は津之助。別号に鉄寒士など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじもとてっせき【藤本鉄石】
1816‐63(文化13‐文久3)
幕末の尊攘派志士。名は真金,通称津之助,鉄石は号。備前国上道郡宇野村生れで岡山藩に仕える。養父の死後1840年(天保11)脱藩して上京,諸国を遊歴後伏見に私塾を開く。大老井伊直弼の安政条約調印に憤激し尊攘激派となり,63年(文久3)8月の天誅組大和挙兵には推されて総裁の一人となるが,8月18日の政変により諸藩の討伐を受けることになり,敗れて鷲家口で戦死した。【高木 俊輔】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤本鉄石
ふじもとてっせき
[生]文化13(1816).備前
[没]文久3(1863).9.26. 大和
幕末の尊皇攘夷の志士。通称は津之助。諱は真金。字は鋳公。鉄石はその号。岡山藩士であったが,天保 11 (1840) 年脱藩して京都に出て私塾を開き,尊王派の志士と交わった。安政仮条約の調印に反対し,討幕運動に参加した。文久3 (63) 年天誅組の挙兵に参加し,松本奎堂吉村寅太郎とともに総裁に推されたが,和歌山,津,郡山諸藩の兵に攻められ,十津川郷士らとともに大和各地を転戦し,鷲家口で戦死した (→大和五条の変 ) 。贈従四位。著書『日鑒』『神典皇謨』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤本鉄石
ふじもとてっせき
(1816―1863)

幕末尊王攘夷(そんのうじょうい)派の志士。名は真金(まかね)。字(あざな)は鋳公(ちゅうこう)。鉄石は号。本姓片山、叔父(おじ)の岡山藩士藤本彦右衛門重賢(ひこえもんしげかた)の養子となる。1840年(天保11)脱藩し、京都に私塾を開く。安政(あんせい)五か国条約、和宮(かずのみや)降嫁を機に尊攘論を唱え、62年(文久2)島津久光(ひさみつ)の率兵(そっぺい)上京に乗じ、討幕の挙兵を策して失敗。63年8月、吉村虎太郎(とらたろう)、松本謙三郎(奎堂(けいどう))らと中山忠光(ただみつ)を擁して大和(やまと)に挙兵し、天誅(てんちゅう)組の総裁となる。五條(ごじょう)代官所襲撃ののち、諸藩の討伐軍に攻められ、十津川郷士(とつかわごうし)にも離反され、文久(ぶんきゅう)3年9月25日、鷲家口(わしかぐち)で戦死した。

[井上勝生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

藤本鉄石 (ふじもとてっせき)
生年月日:1816年3月17日
江戸時代末期の尊攘派志士
1863年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじもと‐てっせき【藤本鉄石】
幕末の尊攘派志士。元岡山藩士。名は真金。通称津之助。文久三年(一八六三)の天誅組の乱では推されて総裁となったが、諸藩の討伐軍に攻められ戦死した。文化一三~文久三年(一八一六‐六三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤本鉄石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤本鉄石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation