@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤村詩集【とうそんししゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤村詩集
とうそんししゅう
島崎藤村詩集。 1904年刊。『若菜集』 (1897) ,『一葉舟』 (98) ,『夏草』 (98) ,『落梅集』 (1901) の合本。巻頭に「遂に新しき詩歌の時は来りぬ」に始る序文を付し,明治浪漫主義の最初の開花を鮮かに誇示した集。伝統の詩語や韻律を生かしながら,近代的自我基底とした官能の解放,恋愛賛歌,唯美的芸術賛美の感情をうたい,生活的,現実的な詩風に変っていく過程もうかがわれる。藤村は本集刊行以後は詩から散文に移った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤村詩集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤村詩集の関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)日露戦争ロシア革命解析変成作用熱雲青木繁インターナショナルウェーバー(Max Weber)ソディソフィア

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation