@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤森成吉【ふじもりせいきち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤森成吉
ふじもりせいきち
[生]1892.8.28. 長野,上諏訪
[没]1977.5.26. 逗子
小説家,劇作家。第一高等学校を経て 1916年東京大学独文科卒業。東大在学中に『波』 (1914,のち『若き日の悩み』と改題) を自費出版し,新進作家として認められた。第六高等学校講師となったが,まもなく辞職。短編集『新しい地』 (19) 刊行後,社会主義に傾斜し,戯曲『磔 (はりつけ) 茂左衛門』 (26) ,『何が彼女をさうさせたか』 (27) などを書く一方,28年ナップ初代委員長となった。 32年検挙されて転向,『渡辺崋山』 (35~36) などの歴史小説に逃れた。第2次世界大戦後再び左翼文学に返り咲き,『人民文学』発刊 (50) に参画。ほかに長編『悲しき愛』 (55) や,『知られざる鬼才天才』 (65) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじもり‐せいきち〔ふぢもり‐〕【藤森成吉】
[1892~1977]小説家劇作家。長野の生まれ。人生派作家として出発、のちプロレタリア文学運動に参加。戯曲何が彼女をさうさせたか」、小説「若き日の悩み」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤森成吉 ふじもり-せいきち
1892-1977 大正-昭和時代の小説家,劇作家。
明治25年8月28日生まれ。大正3年「波」(「若き日の悩み」と改題)でみとめられる。のち社会主義に傾倒し,昭和3年ナップ(全日本無産者芸術連盟)初代委員長。戦後,共産党に入党。作品に戯曲「磔(はりつけ)茂左衛門」「何が彼女をさうさせたか」,歴史小説「渡辺崋山」など。昭和52年5月26日死去。84歳。長野県出身。東京帝大卒。
【格言など】そう急に何もかも棄てて了おうと思えば,人間は自殺でもするほかに仕方ありません(有島武郎の情死を題材にした戯曲「犠牲」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじもりせいきち【藤森成吉】
1892‐1977(明治25‐昭和52)
作家,劇作家。長野県上諏訪生れ。一高在学中にロシア文学の影響で文学に志し,1913年処女作長編《波》(のち《若き日の苦悩》と改題)で認められる。16年東大卒業,結婚とともに六高講師となるがたちまち辞職,労働生活などを試みる。17年短編《山》,26年農民戯曲《磔茂左衛門》,27年社会戯曲《何が彼女をさうさせたか》を発表,この間に日本社会主義同盟日本フェビアン協会などとつながりをもつようになり,28年にはナップの初代委員長に就任。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじもりせいきち【藤森成吉】
1892~1977) 小説家・劇作家。長野県生まれ。東大卒。「若き日の悩み」で文壇の地位を確立。第二次大戦の前後を通じてプロレタリア文学運動に活躍した。戯曲「磔茂左衛門」「何が彼女をさうさせたか」、小説「渡辺崋山」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤森成吉
ふじもりせいきち
(1892―1977)
小説家、劇作家。明治25年8月28日、長野県諏訪(すわ)郡上諏訪町に生まれる。東京帝国大学独文科卒業。第一高等学校卒業の年(1913)の夏、伊豆の大島に遊び、それを素材とした『波』(のち『若き日の悩み』と改題)を自費出版し、鈴木三重吉(みえきち)らに認められた。大学卒業後、一時第六高等学校講師となったが半年で辞職。1919年(大正8)第一創作集『新しい地』を出版、以後、多くの創作集が刊行され、目覚ましい活躍ぶりが目だった。その後しだいに社会主義的傾向を示し、24年には妻とともに労働生活を体験、翌年その記録『狼(おおかみ)へ!』を発表した。26年の『磔茂左衛門(はりつけもざえもん)』以後劇作に専念、『何が彼女をさうさせたか』(1927)は流行語にもなった。30年(昭和5)旧ソ連に潜行、ハリコフの世界文学者会議に出席。32年帰国後検挙、以後、執筆活動に制限を受けながら『渡辺崋山(かざん)』(1935)などを執筆。戦後も民主的立場にたって数多くの著作を発表した。昭和52年5月26日没。[関口安義]
『『現代日本文学全集77 藤森成吉他集』(1957・筑摩書房) ▽山田清三郎著『プロレタリア文学史』上下(1954・理論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤森成吉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤森成吉の関連情報

関連キーワード

セントルイス・カージナルスマッケリー内閣総理大臣大本教ウィロビースターマーネフスキーカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩久米事件

他サービスで検索

「藤森成吉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation