@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤田スケール【フジタスケール】

デジタル大辞泉

ふじた‐スケール〔ふぢた‐〕【藤田スケール】
竜巻による被害の規模の尺度。建物の損壊や木々の損傷の状態により、被害が軽微なものから甚大なものになるにしたがい、F0からF6まで7等級で表される。1971年、シカゴ大学藤田哲也が提唱。Fスケール。→改良藤田スケール
[補説]藤田スケール(気象庁による)
F017~32m/s(約15秒間の平均)テレビのアンテナなどの弱い構造物が倒れる。小枝が折れ、根の浅い木が傾くことがある。非住家が壊れるかもしれない。
F133~49m/s(約10秒間の平均)屋根瓦が飛び、ガラス窓が割れる。ビニールハウスの被害甚大。根の弱い木は倒れ、強い木は幹が折れたりする。走っている自動車が横風を受けると、道から吹き落とされる。
F250~69m/s(約7秒間の平均)住家の屋根がはぎとられ、弱い非住家は倒壊する。大木が倒れたり、ねじ切られる。自動車が道から吹き飛ばされ、汽車が脱線することがある。
F370~92m/s(約5秒間の平均)壁が押し倒され住家が倒壊する。非住家はバラバラになって飛散し、鉄骨づくりでもつぶれる。汽車は転覆し、自動車はもち上げられて飛ばされる。森林の大木でも、大半折れるか倒れるかし、引き抜かれることもある。
F493~116m/s(約4秒間の平均)住家がバラバラになって辺りに飛散し、弱い非住家は跡形なく吹き飛ばされてしまう。鉄骨づくりでもペシャンコ。列車が吹き飛ばされ、自動車は何十メートルも空中飛行する。1トン以上ある物体が降ってきて、危険この上もない。
F5117~142m/s(約3秒間の平均)住家は跡形もなく吹き飛ばされるし、立木の皮がはぎとられてしまったりする。自動車、列車などがもち上げられて飛行し、とんでもないところまで飛ばされる。数トンもある物体がどこからともなく降ってくる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

藤田スケール
ミスター・トルネード(竜巻)と呼ばれたシカゴ大学教授だった故藤田哲也博士がつくった、竜巻の国際的な基準。F0〜F5の6段階で、国内ではF4以上は出ていない。
(2006-11-08 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

知恵蔵mini

藤田スケール
竜巻やダウンバーストなど突風強度を示す尺度。Fスケール。1971年、シカゴ大学の藤田哲也博士が、突により発生した被害規模から風速を推定するものとして考案した。評定に用いる被害の指標は住家や自動車など9種類で、最も小さいF0(エフゼロ)の風速を秒速17~32メートル毎秒(m/s)と規定し、F1は同33~49m/s、F2が同50~69m/s、F3が同70~92m/s、F4が同93~116m/s、F5が同117~142m/sとなっている。気象庁は2015年に、被害指標を電柱・墓石・自動販売機他を加えた30種に増やすなど、日本に合わせ精度がより高い「日本版改良藤田スケール(JEFスケール)」を策定し、16年4月から使用している。同スケールでは、JEF0の風速が秒速25~38m/s、最高のJEF5が同95m/s以上と規定されてる。
(2016-6-23)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤田スケール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤田スケールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation