@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藤田幽谷【ふじたゆうこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤田幽谷
ふじたゆうこく
[生]安永3(1774).水戸
[没]文政9(1826).12.1.
江戸時代後期の朱子学派の儒学者。名は一正,字は子定,通称は次郎左衛門。東湖の父。水戸の商家の生れ。志水元禎,立原翠軒に朱子学を学び,15歳のとき彰考館生に抜擢されて士分となり『大日本史』の編集にあたった。 24歳のとき,時勢を痛論したため3年間蟄居。許されてのち,彰考館総裁となり,また郡奉行として民生安定にも力を注いだ。大義名分を強調し,尊王思想吹し,海防を論じるなど,後期水戸学派の先駆者として大きな役割を演じた。著書正名論』『勧農或問』『修史始末』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふじた‐ゆうこく〔ふぢたイウコク〕【藤田幽谷】
[1774~1826]江戸後期の儒学者。水戸藩士。名は一正。通称次郎左衛門立原翠軒び、「大日本史」編集に加わり、彰考館総裁となった。門下尊王攘夷派の志士が多く出た。「正名論」「勧農或問」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤田幽谷 ふじた-ゆうこく
1774-1826 江戸時代後期の儒者,武士。
安永3年2月18日生まれ。藤田東湖の父。古着屋の子に生まれ,立原翠軒にまなんで彰考館館員となる。寛政3年常陸(ひたち)水戸士にとりたてられ,彰考館総裁,郡奉行をつとめた。水戸学の基礎をきずき,会沢正志斎らの門人をそだてた。文政9年12月1日死去。53歳。名は一正。字(あざな)は子定。通称は次郎左衛門。著作に「正名論」「勧農或問(わくもん)」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじたゆうこく【藤田幽谷】
1774‐1826(安永3‐文政9)
江戸後期の儒者。名は一正,幽谷は号。水戸城下の古着商の子。幼時から利発で,藩の史局彰考館総裁の立原翠軒に儒学を学び,その推薦で彰考館に入り,やがて編修,総裁となるが,一時郡奉行を兼任する。幕末における内外の危機を深刻に受け止め,一方では経世に役だたぬ当時の儒学を批判し,儒学を実用の学に建て直そうとすると同時に,他方では対外的危機にあたって攘夷を鼓吹し,また藩財政の窮乏農村疲弊とが相互に因果をなす藩政の改革を唱道する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじたゆうこく【藤田幽谷】
1774~1826 江戸後期の儒学者。水戸の商家の出。立原翠軒に学び、のち彰考館総裁。著「正名論」により水戸学を確立。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤田幽谷
ふじたゆうこく
(1774―1826)
江戸後期の儒学者、後期水戸学の祖。名は一正、通称次郎左衛門。藤田東湖(とうこ)の父。水戸城下古着商藤田屋与右衛門の次男。立原翠軒(たちはらすいけん)に学び、18歳で士分に登用され、郡奉行(こおりぶぎょう)、彰考館(しょうこうかん)総裁を歴任し本知200石に累進。この間『大日本史』の編纂(へんさん)方式で師翠軒と対立、またしばしば急進的な改革意見を述べて謹慎処分も受けた。晩年イギリス人の常陸(ひたち)大津浜上陸事件にあい、尊王攘夷(じょうい)を主張して、幕末水戸学の基盤をつくる。著作に『正名論(せいめいろん)』(1791)『勧農或問(わくもん)』などがある。文政(ぶんせい)9年12月1日没。53歳。[山口宗之]
『菊池謙二郎編『幽谷全集』全1巻(1935・吉田弥平) ▽尾藤正英他校注「正名論」(『日本思想大系 53 水戸学』所収・1973・岩波書店) ▽西村文則著『藤田幽谷』(1940・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

藤田幽谷 (ふじたゆうこく)
生年月日:1774年2月18日
江戸時代後期の儒学者;水戸藩士;彰考館総裁立原翠軒門下
1826年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじた‐ゆうこく【藤田幽谷】
江戸後期の儒者。水戸の人。名は一正、字は子定、通称次郎左衛門。東湖の父。抜擢されて彰考館編修になったが時勢を痛論して蟄居。三年後ゆるされて、郡奉行、彰考館総裁となり、「大日本史」編修に貢献。尊王攘夷思想を唱え、水戸学の形成に大きな役割を果たした。著「正名論」「修史始末」など。安永三~文政九年(一七七四‐一八二六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤田幽谷
ふじたゆうこく
1774〜1826
江戸後期の水戸藩の儒学者
東湖の父。彰考館総裁。『大日本史』編修に尽力。朱子学の立場から大義名分・尊王・海防を論じ,幕末の水戸学の理論的大成者となった。主著に『正名論』『勧農或問 (かんのうわくもん) 』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤田幽谷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤田幽谷の関連情報

関連キーワード

元素発見史(年表)ルイルイゲーテマサチューセッツワシントン(George Washington)総合年表(アメリカ)キュチュク・カイナルジャ条約福永十三郎嶺春泰

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation