@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【トウ】

デジタル大辞泉

とう【藤】[漢字項目]
常用漢字] [音]トウ(漢) [訓]ふじ
〈トウ〉
植物の名。フジ。「藤花
つる性植物の総称。「藤本葛藤
藤原氏のこと。「源平藤橘(げんぺいとうきつ)
〈ふじ〉「藤色藤棚白藤夏藤
[名のり]かつら・つ・ひさ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじ〔ふぢ〕【藤】
マメ科の蔓性(つるせい)の落葉低木。山野に自生し、つるは右巻き。葉は卵形の小葉からなる羽状複葉。5月ごろ、紫色の蝶形の花が総状に垂れ下がって咲く。豆果は秋に暗褐色に熟す。園芸品種が多く、棚作りなどにして観賞する。つるから繊維をとり布に織った。野田藤(のだふじ)。 春 実=秋》「草臥(くたびれ)て宿かるころや―の花/芭蕉
藤色」の
紋所・文様の名。藤の花房や葉を図案化したもの。上がり藤下がり藤などがある。
襲(かさね)の色目の名。表は薄紫、裏は青。藤襲(ふじがさね)。
藤衣(ふじごろも)」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とう【藤】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふじ【藤】
マメ科フジ属の植物の総称。
マメ科のつる性落葉木本。山野に自生し、また観賞用に植える。つるは右巻き。葉は奇数羽状複葉。四、五月頃長い総状花序を垂れ、紫色・白色などの蝶形花をつける。長い莢さやの実がなる。つるは丈夫で縄や細工物に利用。ノダフジ。 [季] 春。 草臥て宿かる比や-の花 /芭蕉 藤の実[季] ヤマフジ
家紋の一。藤の花や葉・枝をかたどったもの。
かさねの色目の名。表は薄紫、裏は青。ふじがさね。
「藤色」の略。 -の末濃すそごの織物の御几帳に/栄花 御裳着

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

藤 (フジ)
学名:Wisteria floribunda
植物。マメ科の落葉つる性低木,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじ ふぢ【藤】
[1] 〘名〙
① マメ科のつる性落葉木本。本州、四国、九州の山野に生え、観賞用に栽植される。幹は長さ一〇メートル以上に達し右巻きに他物にからむ。葉は一一~一九個の小葉からなる奇数羽状複葉。各小葉は長楕円形または卵形で、花期には黄緑色、長さ約四センチメートル。四~五月、淡紫色の蝶形花が長く垂れ下がる房となって咲く。果実は偏長楕円形。長さ一五センチメートル内外の硬い莢で、乾くと裂けて中の種子を飛ばす。つるは丈夫で古代から縄(なわ)の代用にしたり、籠などの細工に用いる。シロバナフジ・アケボノフジ・ヤエフジ・クジャクフジなど多数の園芸品種がある。漢名に当てる紫藤は正しくは中国産のシナフジの名。《季・春》
※万葉(8C後)一四・三五〇四「春べ咲く布治(フジ)のうら葉のうら安にさ寝る夜そなき子ろをし思へば」
② ①や葛などのつる。かずら。ふじかずら。〔交隣須知(18C中か)〕
③ 「ふじいろ(藤色)」の略。
※栄花(1028‐92頃)御裳着「ふぢの末濃の織物の御几帳に」
④ 襲(かさね)の色目の名。表は薄紫、裏は青。一説に、表は経青、緯黄、裏は萌葱とも。女房の五つ衣には上は薄色を匂わせて三つ、次の二つは表白、裏青とし、単は白または紅の生絹。三、四月頃用いる。ふじがさね。
※枕(10C終)二八二「狩衣は 香染の薄き、〈略〉青葉、桜、柳、また青き、ふぢ」
⑤ 「ふじごろも(藤衣)」の略。
※万葉(8C後)一七・三九六六・左注「俗語云以藤続錦 聊擬談咲耳」
⑥ 紋所の名。藤の花や葉などを種々に図案化したもの。上り藤、下り藤、三つ葉藤、三つ蔓藤など多くの種類がある。また、藤を模様としたものもいう。
※栄花(1028‐92頃)若水「中宮よりは、藤をぞ紫に濃く薄く織り重ねさせ給へる」
⑦ 花札で、四月を表わす札。藤にほととぎすの図柄の一〇点札、藤に短冊の五点札各一枚と、一点札二枚がある。
[2] 謡曲。三番目物。観世・宝生・金剛流。作者不詳。都の僧が越中国多祜(たご)の浦で盛りの藤の花をながめ、花によせてわが身の零落をなげいた古歌を口ずさむと、女が現われて、自分は藤の花の精だと、僧につげて姿を消す。その夜、僧の夢の中に藤の花の精が現われ、歌舞を奏し藤の花をたたえる。
[語誌](一)①は「万葉集」では、浦や山野に花を咲かせる姿がとりあげられ、ホトトギスとともによまれることが少なくない。平安時代になると、屏風絵の題材・歌合の歌題とされ、なかでも松に咲きかかる姿が多くうたわれた。「源氏物語」ではそれが晩春から初夏にかけて貴族の庭園にみられる光景として描かれる。「枕草子‐八八」も「めでたきもの」として、色深い藤の花房が松に咲きかかる姿を挙げる。藤原氏にゆかりのあるフジと、常緑樹であり、千年の寿命を保つという松のとりあわせとして好まれたものか。また、フジの花は、紫の雲とも見立てられ、鎌倉時代になると阿彌陀如来の来迎を暗示する紫雲(往生雲)の意が重ねられていく。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ふじ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation