@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藩鎮【はんちん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藩鎮
はんちん
Fan-zhen; Fan-chên
中国,五代初に存在した節度使を最高権力者とする地方支配機構。景雲1 (710) 年初めて河西節度使が出現し,安史の乱前には辺境に 10鎮がおかれ,乱を契機内地にも列置されて 45前後となり,五代,宋初にはさらに数を増した。複数のを領域とし,節度使の治所州を会府,管下の諸州を支郡と称し,会府には節度使の親衛軍的な牙軍があり,支郡には節度使と主従関係をもつ鎮将の率いる外鎮軍が鎮と呼ばれた要衝に駐屯し,文官の州刺史や県令を抑制して武人支配の体制をとった。中央の財政は,上供といって,節度使による藩鎮領内の税の中央送付によったが,節度使は兵力強化のため上供を渋る傾向が強かった。特に范陽成徳,天雄のいわゆる河北三鎮は,終始自立の動きを示した。9世紀初め,憲宗の抑圧策の成功で,中央から節度使を派遣し,外鎮軍を節度使から切り離して,一時唐の安定期を迎えたが,黄巣 (こうそう) の乱を契機に藩鎮は一斉に自立して唐は滅び,五代は藩鎮に依拠した武人が権力を握る武人政治の時代となった。しかし宋の太祖,太宗の解体策により,藩鎮体制は崩壊した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はん‐ちん【藩鎮】
中国、代の節度使の異称。
王室の守りとなること。また、その諸侯。
「義氏より…五代、なほ東野の―にあり」〈読・弓張月・後〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんちん【藩鎮 fān zhèn】
中国,唐・五代の軍閥中期の律令支配崩壊の過程で,多様化する社会に対処するため,唐朝は各種の〈使職〉(いわゆる〈令外の官〉)と総称されるポストを続々と新設した。その代表が節度使である。節度使は属地の羈縻(きび)支配の破綻府兵制の崩壊により,長城線沿いに新設された傭兵からなる国境防衛軍団の司令官であるが,安史の乱勃発を機に国内要衝にも置かれるようになった。一方,地方行政の監察強化のために,やはり使職の観察使が新設されたが,しだいに州の上級地方長官と化した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はんちん【藩鎮】
王室の藩屛はんぺいとなること。また、その諸侯。
中国、唐・五代の軍職である節度使、およびそれに率いられる地方勢力。その数は唐代に四〇~五〇、五代に三〇~四〇。方鎮。 → 節度使

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藩鎮
はんちん
中国、唐・宋(そう)期の地方官署の名称。藩鎮は、均田体制の破綻(はたん)という政治的危機を克服するために辺境や内地に設けられた。しかし藩鎮の長官である節度使(せつどし)は管内の軍事、行政、財政の三権を掌握し、しだいに唐朝の支配下から一個の軍閥として自立していった。8世紀末にはその数が50ほどであったが、唐朝との、あるいは藩鎮どうしの対立のなかでしだいに淘汰(とうた)され、強力な藩鎮だけが残り、五代群雄割拠の時代を迎え、のち、宋に入って解体された。[伊藤宏明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん‐ちん【藩鎮】
〘名〙
① 地方の鎮めのために駐屯する軍隊。〔李尤‐函谷関賦〕
② 王室の守護となること。また、その諸侯。また、単に諸侯、大名の意。
※随筆・秉燭譚(1729)三「布政使は古の諸侯に準じて、藩鎮の意にて藩と云」 〔呉志‐陸凱伝〕
③ 中国、唐代の節度使の異称。〔大宋宣和遺事‐貞集〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

藩鎮
はんちん
節度使

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩鎮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藩鎮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation