@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藪原検校【やぶはらけんぎょう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藪原検校 やぶはらけんぎょう
講談,歌舞伎に登場する悪徒
按摩(あんま)。名はの市。師匠藪原検校を殺害し,2代を名のって悪事の数々をはたらく。人情噺(ばなし)としては2代古今亭志ん生,講談では初代蓁々斎(しんしんさい)桃葉が得意とし,明治33年3代河竹新七が「成田道初音(なりたみちはつねの)藪原」として歌舞伎化した。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

やぶはらけんぎょう【藪原検校】
講談・歌舞伎作品中の盲人悪徒の名。おそらく何らかのモデルが実在したものと思われるが不明。初世蓁々(しんしん)斎桃葉が,2世古今亭志ん生の人情噺から講談化し,《やまと新聞》付録として1893年3~6月に4回にわけて《藪原検校》のの下に出版。これにもとづき1900年1月,東京歌舞伎座で《成田道初音藪原(なりたみちはつねのやぶはら)》として3世河竹新七が脚色初演,主役の藪原検校と大工政五郎に5世尾上菊五郎が扮し好評だったが,作品としては筋が分裂し生煮えとの不評をこうむった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

藪原検校」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藪原検校の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation