@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

藺牟田池【いむたいけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藺牟田池
いむたいけ
鹿児島県北西部,薩摩川内市にある藺牟田火山火口湖。面積 0.42km2,水面標高 295m,最大水深 3m。湖の中には大小約 300の浮島泥炭形成植物群落)が浮遊し,国の天然記念物に指定されている。湖水周囲の泥炭層からの流入水のためやや褐色湖岸は火山の外輪山である片城山,舟見岳などに取り囲まれる。湖面にはイグサが自生,ジュンサイ生育。サクラの名所として知られる池畔にはサイクリングロードやキャンプ村,釣場などがあり,行楽地としてにぎわう。付近には入来温泉,諏訪温泉,藺牟田温泉などの温泉地がある。藺牟田池県立自然公園に属する。2005年ラムサール条約に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いむた‐いけ〔ゐむた‐〕【藺牟田池】
鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市にある火口湖。周囲を450~500メートルの火山群に囲まれた標高295メートルに位置する。面積0.4平方キロメートル、周囲2.6キロメートル、最大深度3.5メートルのほぼ円形状を示す。ベッコウトンボの生息地保護区、また、泥炭形成植物群落が国の天然記念物に指定。平成17年(2005)ラムサール条約に登録された。藺牟田湖。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いむたいけ【藺牟田池】
鹿児島県薩摩半島北部,祁答院(けどういん)町にある火山性湖。標高295mで,まわりを数個の小火山が取りまいている。周囲2.6km,最大水深3.5m。湿地性植物の群落が浅い水中に密生して泥炭をつくっているので有名である。泥炭の厚さは時には1m以上に達し,減水時は底に固定されているが増水時には浮いて漂う。これが浮島で,泥炭形成植物群落は天然記念物になっている。またジュンサイやヒシもとれる。湖岸には桜並木やアジサイの群落があり,公共の宿泊設備やキャンプ場もあって,藺牟田池県立自然公園に指定されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

藺牟田池
いむたいけ

鹿児島県薩摩川内市(さつませんだいし)祁答院町(けどういんちょう)藺牟田にある藺牟田火山の火口湖。片城(かたしろ)山、山王岳、舟見岳、飯盛(いいもり)山など標高500メートル前後の山に取り囲まれている。面積約0.6平方キロメートル、水面標高295メートル、直径約1キロメートルでほぼ円型の湖盆である。最大水深は約3.5メートルであるが、その西側3分の1は、ヨシ、ネビキグサ(アンペライ)などの泥炭形成植物により湿原化し、随所に浮島もみられる。水面にはジュンサイ類が漂い、水色は褐色で腐植栄養型の湖沼に分類される。泥炭形成植物群落は国指定天然記念物。またこの付近一帯は県立自然公園地区となっている。近くにはひなびた藺牟田温泉もあり、西岸には鹿児島勤労者いこいの村が設けられている。JR川内駅からバスの便がある。なお、藺牟田池は2005年(平成17)に、ラムサール条約登録湿地となった。

[塚田公彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

藺牟田池
(鹿児島県薩摩川内市)
かごしま よかとこ100選 四季の旅」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藺牟田池
(鹿児島県薩摩川内市)
日本の重要湿地500」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

藺牟田池
(鹿児島県薩摩川内市)
ラムサール条約湿地」指定の地域遺産。
ベッコウトンボ生息地。藺牟田池ベッコウトンボ生息地保護区管理地区

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藺牟田池」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藺牟田池の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation