@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蘇我入鹿【そがのいるか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蘇我入鹿
そがのいるか
[生]?
[没]皇極4(645).6.12. 大和
古代の中央豪族蝦夷 (えみし) の子。鞍作臣とも呼ばれた。皇極天皇のときの権臣で,その権力は大臣の父蝦夷よりまさっていたといわれる。入鹿聖徳太子死後,上宮王家を排斥し,皇極2 (643) 年舒明天皇皇子で,馬子の娘の生んだ古人大兄王を即位させるために,太子の子山背大兄王一族斑鳩に襲って斑鳩寺 (法隆寺) で自殺させた。翌3年甘橿丘 (あまかしのおか) に家を建て並べ,父の家を「宮門 (みかど) 」,自分の家を「谷 (はざま) の宮門」と呼び,子を王子と称して家を武力で固めた。この強圧政策のため人心は動揺した。この前後から,中大兄皇子 (のちの天智天皇) と中臣鎌子 (のちの藤原鎌足) は,反対派の豪族たちと蘇我氏討滅の計を進めていたが,三韓朝貢の日,ついにクーデターを断行。入鹿は飛鳥板蓋宮の大極殿で殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そが‐の‐いるか【蘇我入鹿】
[?~645]飛鳥時代の豪族。蝦夷(えみし)の子。皇極天皇に仕えて権勢を振るい、山背大兄王(やましろのおおえのおう)一家を滅ぼして全盛を誇ったが、大化の改新中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)らに暗殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

蘇我入鹿 そがの-いるか
?-645 飛鳥(あすか)時代の豪族。
蘇我蝦夷(えみし)の子。父とともに国政をほしいままにし,皇極天皇2年蘇我系の古人大兄(ふるひとのおおえの)皇子の即位の妨げとなる山背大兄(やましろのおおえの)王(聖徳太子の子)らをほろぼす。皇極天皇4年6月12日蘇我氏打倒をめざす中大兄(なかのおおえの)皇子(天智(てんじ)天皇)と中臣(なかとみの)(藤原)鎌足(かまたり)らに暗殺された。通称は林臣(はやしのおみ),鞍作(くらつくり)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

そがのいるか【蘇我入鹿】
?‐645(大化1)
飛鳥時代の廷臣。蘇我毛人(蝦夷(えみし))の子。名は鞍作(くらつくり)といい,蘇我林臣鞍作,林太郎,蘇我大郎ともいわれた。青年時代の入鹿は,唐から帰国した新漢人旻(いまきのあやひとみん)の学堂に学んだが,旻から第一級の人物と評価された,と《家伝》は伝えている。642年1月,皇極天皇が即位したころは,入鹿の権勢はすでに父の大臣毛人を凌ぎ,国政を左右するほどであった,という。翌643年10月には,入鹿は父から紫冠を授けられ,大臣の位を認められた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

蘇我入鹿
そがのいるか
(?―645)

飛鳥(あすか)時代の高官。蘇我毛人(えみし)(蝦夷)の子。蘇我鞍作(くらつくり)、蘇我林臣(はやしのおみ)鞍作、蘇我太郎、林太郎などとも記された。入鹿を入霞と記すものもある。642年(皇極天皇1)正月、皇極(こうぎょく)天皇の即位したときには入鹿(鞍作)の権勢はすでに父の大臣毛人(蝦夷)をしのぎ国政を左右したと『日本書紀』は記す。しかし藤原家伝によれば、入鹿は唐から帰国した旻(みん)の学堂に出入し、旻から第一級の人物としての評価を受けたと記される。643年10月、入鹿は父の毛人(蝦夷)から紫冠を授けられ大臣の位に擬された。この直後に、入鹿らは、天皇位を望む大兄山背(おおえやましろ)皇子とその一族の覆滅を謀った。これは、舒明(じょめい)天皇即位時の紛争があとを引き、さらに舒明天皇没後にも大兄山背皇子の即位が実現されなかったことが原因となり、山背皇子やその支持勢力が不満を募らせ、彼らが蘇我大臣らの政治にさまざまに抵抗したからである。その結果、翌11月、入鹿、軽(かる)皇子(次の孝徳(こうとく)天皇)、巨勢臣徳太(こせのおみとこだ)、大伴連馬飼(おおとものむらじうまかい)、土師連娑姿(はじのむらじさば)らは軍を起こし、大兄山背皇子とその一族を斑鳩(いかるが)宮に急襲し、これを覆滅した。これを知った父の毛人(蝦夷)は怒り嘆いたという。事件のあと、古人(ふるひと)皇子が大兄とされたが、以後、蘇我本宗家に対する反感が急速に高まり、645年春から難波(なにわ)への遷都も日程に上ってくると、本宗家討滅計画がひそかに進められた。これに対し、毛人、入鹿も甘檮岡(あまかしのおか)に堅固に家を構えて備えた。しかし、645年6月12日、飛鳥板蓋(いたぶき)宮での三韓進調とされる儀式の場で、入鹿は、中臣鎌子(なかとみのかまこ)(鎌足(かまたり))と謀った中大兄(なかのおおえ)皇子、佐伯連子麻呂(さえきのむらじこまろ)らによって暗殺された。

[門脇禎二]

『門脇禎二著『蘇我蝦夷・入鹿』(1977・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そが‐の‐いるか【蘇我入鹿】
蘇我蝦夷の子。皇極天皇のとき、権勢を極めた。山背大兄王一家を滅ぼしたり、自家を宮門(みかど)、子を王子と称するなど専横が多かったため、中大兄皇子らによって暗殺された。大化元年(六四五)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

蘇我入鹿
そがのいるか
?〜645
7世紀前期の大和政権の大臣
父蝦夷 (えみし) から大臣 (おおおみ) の地位を私的に譲られた。馬子の娘法提郎媛 (ほていのいらつめ) が生んだ古人大兄皇子 (ふるひとのおおえのおうじ) を即位させるため,山背大兄王 (やましろのおおえのおう) (聖徳太子の子)を斑鳩 (いかるが) 宮に攻め滅ぼした。自分の家を宮門 (みかど) ,子を皇子 (みこ) と称するなど,父以上に専横をきわめたが,645年中大兄皇子 (なかのおおえのおうじ) ・中臣鎌足 (かまたり) らに大極殿で殺された(乙巳 (いつし) の変)。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蘇我入鹿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蘇我入鹿の関連情報

関連キーワード

大化皇極天皇乙巳の変孝徳天皇大化改新皇極天皇葛城稚犬養網田孝徳天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation