@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蘇軾【そしょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蘇軾
そしょく
Su Shi
[生]景祐3(1036).12.19.
[没]建中靖国1(1101).7.28.
中国,北宋の文学者,書家,政治家。眉州眉山 (四川省) の人。字,子瞻 (しせん) 。号,東坡 (とうば) 。嘉祐2 (1057) 年進士に及第。欧陽修に認められ,英宗の信任を得た。しかしまもなく王安石新法に反対したため地方官に転出。その後も政争に巻込まれ,また直言をはばからぬ性格もあって,しばしば左遷され,生涯の多くを地方長官で過して終った。父の蘇洵,弟の蘇轍とともに「三蘇」と称される。儒道仏に通じ,詩文書画のあらゆる分野で天才的な業績を残し,宋代を代表する文豪である。黄庭堅,秦観,陳師道,張耒らはその弟子 (蘇門四学士) 。作品『赤壁賦』はよく知られる。書では真跡を伝える『黄州寒食詩巻』が残る。詩文集『東坡七集』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そ‐しょく【蘇軾】
[1036~1101]中国、北宋の政治家・文学者。眉山(びざん)(四川省)の人。字(あざな)は子瞻(しせん)。号は東坡(とうば)居士唐宋八家の一人。父蘇洵(そじゅん)、弟蘇轍(そてつ)と合わせて三蘇とよばれる。王安石の新法に反対して左遷され、諸州の地方官を歴任。黄州では「赤壁賦」を生む。詞・書・画にもすぐれた。大蘇。蘇東坡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そしょく【蘇軾 Sū Shì】
1036‐1101
中国,宋代の士大夫(文人官僚)。号は東坡居士(とうばこじ)。その博大な人格とのびやかな詩文によって,ひろく人々に親しまれてきた。父の蘇洵(そじゆん),弟の蘇轍(そてつ)とともに〈三蘇〉と称せられる。現在の四川省眉山県の小地主の家に生まれた蘇軾は,寺子屋に学ぶ庶民としての教育を通じてその学問を培い,22歳で科挙の進士科に及第して官界に入る。40歳代の半ばまではおもに各地の知事を務めるが,おりから新法党の王安石らの施策に反対して,旧法党の首領格と目されるはめとなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そしょく【蘇軾】
1036~1101 中国、北宋の詩人・文学者。字あざなは子瞻しせん、号は東坡とうば。父の蘇洵そじゆん、弟の蘇轍そてつと合わせて三蘇と呼ばれる。王安石の新法に反対し、しばしば左遷された。黄州(湖北省)に左遷されたときに詠じた「赤壁賦」はその代表作。多才で、散文・韻文ともにすぐれ、散文では唐宋八大家の一人に数えられ、詩も宋代詩人中第一に位した。著作集「東坡全集」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蘇軾
そしょく
(1036―1101)
中国、北宋(ほくそう)の政治家、文学者。字(あざな)は子瞻(しせん)。東坡居士(とうばこじ)の号で親しまれる。蘇軾は宋代、ひいては中国の近世を代表する士大夫(したいふ)(文人官僚)であり、その生涯は政争の渦中にあって波瀾(はらん)に富むが、それに抗して持ち前の明朗闊達(かったつ)さを失うことのなかった強靭(きょうじん)にして博大な人格は、いつの世にも人々に敬慕され、その詩文は人口に膾炙(かいしゃ)する。
 蘇軾は北宋の中ごろ、いまの四川(しせん)省の眉山(びざん)県の町で蘇洵(そじゅん)を父として生まれ、その地で成長した。小地主の階層に属するその家庭の暮らしはつつましく、3年後に生まれた弟の蘇轍(そてつ)とは寺子屋に通って机を並べたこともある。21歳で弟とともに科挙(文官試験)に及第し、26歳のとき制科(特別任用試験)に応じて優れた成績で合格、鳳翔(ほうしょう)府の事務官に任じられる。やがて中央政府に移るが、気鋭の神宗皇帝が王安石らを起用して新法(行財政革新策)を推進するに及んで、それに反対、地方官となって杭州(こうしゅう)、密(みつ)州などに赴任するが、湖(こ)州の知事であった44歳のとき、詩文によって朝政を誹謗(ひぼう)したとして御史台(ぎょしだい)(司法機関)の獄に投ぜられ、死罪の危機に直面する。中国では初の筆禍事件として知られる。幸い皇帝の恩命を得て死を免れ、長江に沿う黄(こう)州に流罪となる。蘇軾は配所にあって労働のかたわら新生を目ざして思索を深め、「赤壁(せきへき)の賦(ふ)」を含む優れた作品を生み、東坡居士を号することとなる。やがて神宗が崩じ哲宗皇帝が即位して旧法を復すると、天子側近の職に起用されて礼部尚書に至るが、その治世の後半は新法が復活され、晩年の蘇軾は恵(けい)州、さらに海南島に流される。そして大陸への帰還が許されてまもない66歳のとき、波瀾に富んだ生涯を閉じた。蘇軾は理知的な学問の人であり、かつ繊細な感覚の詩人でもあった。その全集『東坡七集』に収める詩賦は流水のごとくのびやかで、文は達意を旨として、「唐宋八大家」に数えられる。中国を代表する書家でもある。[山本和義]
『小川環樹・山本和義著『中国文明選2 蘇東坡集』(1972・朝日新聞社) ▽山本和義著『中国詩文選19 蘇軾』(1973・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そ‐しょく【蘇軾】
中国、北宋の文人、政治家。字(あざな)は子瞻、号は東坡居士。洵の子、轍の兄。洵の老蘇、轍の小蘇に対して大蘇といわれる。唐宋八大家の一人。古文作家として、「赤壁賦」などの名作を残した。詩は宋代第一と称され、黄庭堅、陳師道らに影響を与えた。著に「易書伝」「仇池筆記」「東坡志林」など。(一〇三六‐一一〇一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蘇軾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蘇軾の関連情報

関連キーワード

後一条天皇後朱雀天皇後一条天皇後朱雀天皇左経記宋の時代(年表)知覧飛行場知覧特攻基地と知覧特攻平和会館後朱雀天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation