@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蘭学事始【らんがくことはじめ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蘭学事始
らんがくことはじめ
江戸時代後期の回想記。杉田玄白著。2巻。文化 12 (1815) 年成立。玄白が 83歳のときに往時を回想して書いたもので,ヨーロッパ人の渡来オランダ医学伝来に始り,前野良沢らとともになした『解体新書翻訳苦心語り,さらに蘭学の盛んになろうとする現状の喜びを述べている。なお『蘭東事始』『和蘭事始』と表題をつけたものもある。いずれが玄白がつけた表であるかについては異論が多い。明治2 (69) 年,福沢諭吉らにより初めて刊行されたが,このときの題が『蘭学事始』であったことからこれが普及した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らんがくことはじめ【蘭学事始】
江戸後期の回想録。2巻。杉田玄白著、大槻玄沢(おおつきげんたく)補訂。文化12年(1815)成立。明治2年(1869)刊。「解体新書」の刊行を中心に、蘭学導入の苦心談興隆機運を記したもの。蘭東事始。和蘭事始。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らんがくことはじめ【蘭学事始】
江戸蘭学の発端と発展のさまを回顧した杉田玄白晩年の懐古録。《和蘭事始(オランダことはじめ)》《蘭東事始(らんとうことはじめ)》の題名の写本で伝わり,1869年(明治2)《蘭学事始》(記録にはこの題名もあった)の題名で玄白の曾孫(養子)杉田廉卿(れんきよう)によって2巻の和装本で木版刊行された。さらに90年に日本医学会第1回総会記念に活版洋装本として再版され,このとき福沢諭吉の序文が付された。それには本書の再発見と初版刊行のいきさつが述べられているが,その史実には現在疑問がもたれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

蘭学事始
らんがくことはじめ

杉田玄白の回想録。上下二巻。1815年(文化12)4月、当時83歳の杉田玄白が、日蘭交渉の発端から筆をおこし、蘭学創始をめぐる思い出と蘭学発達の跡をまとめたもの。なかでも、同志前野良沢(りょうたく)、中川淳庵(じゅんあん)らとともにオランダの解剖書『ターヘル・アナトミア』の翻訳から、『解体新書』出版にかけての苦心談は有名である。玄白は自筆草稿を大槻(おおつき)玄沢に示し、訂正を依頼した。玄沢は玄白より伝聞したところと自らの見聞をも加え、玄白に聞きただしながら整備、完成して、「蘭已(すで)に東せしとやいふべき起源」を記してあるところから『蘭東事始』と題して玄白に進呈したというが、覚えやすいということから「蘭学事始」の題名にかえたともいう。江戸時代には『蘭東事始』『和蘭事始』の書名で写本のまま伝わった。67年(慶応3)のころ神田孝平がみつけた古写本をもとに、杉田廉卿(れんけい)とも協議して、福沢諭吉が、69年(明治2)、木版本として刊行するに際し、『和蘭事始』を『蘭学事始』の書名に改めた。以来『蘭学事始』の名が一般に知られるようになり、岩波文庫に収められるようになっていっそう普及した。

[片桐一男]

『緒方富雄校訂『蘭学事始』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らんがくことはじめ【蘭学事始】
江戸後期に書かれた回顧録。二巻。杉田玄白著。大槻玄沢補訂。文化一二年(一八一五)成立、明治二年(一八六九)刊。蘭学の沿革を述べ、初期の蘭学者としての著者らの苦心談を晩年に回顧したもの。「ターヘル‐アナトミア」の訳書「解体新書」の成立までのいきさつは圧巻。もと「蘭東事始」と題されたが、刊本で表記の書名となった。和蘭事始。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

蘭学事始
らんがくことはじめ
江戸後期,杉田玄白が著した蘭学創始期の回想録
『蘭東事始』ともいう。1815年成立。2巻。『解体新書』翻訳当時の苦心談を中心に,当時の学界・社会環境を知りうる好文献。一般に流布しなかったが,明治初期の '69年福沢諭吉によって刊行された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蘭学事始」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蘭学事始の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation