@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

蘭蝶【らんちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蘭蝶
らんちょう
新内節の曲名本名題若木仇名草 (わかぎのあだなぐさ) 』。1世鶴賀若狭掾作詞作曲安永1 (1772) 年頃の作と推定される。現存新内節としては古く,『明烏 (あけがらす) 』と並ぶ代表曲。特に「縁でこそあれ」以下のお宮の口説が有名。蘭蝶,その妻お宮,遊女此糸三角関係を扱う。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らんちょう〔ランテフ〕【蘭蝶】
新内節。本名題「若木仇名草(わかきのあだなぐさ)」。初世鶴賀若狭掾(つるがわかさのじょう)作曲。安永年間(1772~1781)成立。太鼓持ち市川屋蘭蝶が新吉原の遊女此糸(このいと)となじみ、女房お宮との板ばさみになって、此糸と心中する筋。新内節の代表曲。此糸蘭蝶。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らんちょう【蘭蝶】
(1)新内節の曲名。本名題《若木仇名草(わかぎのあだなぐさ)》。通称を《此糸(このいと)蘭蝶》とも。初世鶴賀若狭掾作曲。安永(1772‐81)末ごろ成るか。市川屋蘭蝶という浮世声色身振師は,榊屋の遊女此糸となじみを重ね,女房のお宮が身を売った金まで入れあげてしまう。お宮は客となって此糸に逢い,蘭蝶との夫婦の成立ちを語り,蘭蝶と縁を切ってくれと頼む。此糸はお宮の真実にうたれ,縁を切ることを約束する。その様子を隣の部屋できいていた蘭蝶は,此糸の本心は死ぬ覚悟であろうと察し,お宮の願いも空しく2人は心中する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

らんちょう【蘭蝶】
新内節の一。本名題「若木仇名草わかぎのあだなぐさ」。初世鶴賀若狭掾作詞作曲。太鼓持ち蘭蝶と遊女此糸このいととの交情と心中を扱ったもので、幕末の退廃味が色濃く出た新内節の代表曲。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蘭蝶
らんちょう
新内節の曲名。本名題(ほんなだい)『若木仇名草(わかきのあだなぐさ)』。長編の端物浄瑠璃(はものじょうるり)で、『明烏(あけがらす)』『尾上伊太八(おのえいだはち)』とともに新内の代表曲。初世鶴賀若狭掾(つるがわかさのじょう)(1717―86)の晩年の作。芸人市川屋蘭蝶と深い仲の新吉原(よしわら)の榊屋此糸(さかきやこのいと)とが痴話喧嘩(げんか)のところへ、蘭蝶の女房お宮が此糸のもとを訪れ、別の一間で会って蘭蝶と縁を切ってほしいと頼み込む。その真情にほだされた此糸は願いを聞き入れ、縁切りを約してお宮を帰すが、この会話を始終立ち聞く蘭蝶は、お宮の真心を納得しながらも此糸と情死する。初期の端物で「……でありんす」の廓(さと)ことばを使っているのはこの作だけである。新内といえば『蘭蝶』、『蘭蝶』といえば「縁でこそあれ……」というくらいなじまれている縁切り場のお宮のクドキは、事実新内の生命であるクドキ地の典型的なもので、手ほどきにもかならず用いられる一節であり、太夫(たゆう)たちが聞かせどころとして力量を発揮するくだりである。
 この原曲から1855年(安政2)大坂筑後(ちくご)の芝居で清水先勝軒が脚色上演した『若木仇名草』があり、97年(明治30)東京上演のおり、富士松富士太夫(後の7世加賀太夫)の演奏が好評を博し、その詞章で演奏されることもある。[林喜代弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らんちょう ランテフ【蘭蝶】
新内。安永(一七七二‐八一)頃の成立か。初世鶴賀若狭掾作曲。本名題「若木仇名草(わかきのあだなぐさ)」。声色身振師市川屋蘭蝶は吉原榊屋の遊女此糸(このいと)になじみ、妻お宮の真心と此糸への思いの板ばさみになって苦しみ、結局此糸と心中する。通称「此糸蘭蝶」。「明烏(あけがらす)」と併称される新内の代表曲。これをもとに、歌舞伎脚本「若木仇名草」が作られた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

蘭蝶
〔新内〕
らんちょう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
清水先勝軒
演者
鶴賀若狭掾(1代)
初演
安政5.8(大坂・筑後芝居)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蘭蝶
(通称)
らんちょう
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
若木仇名草
初演
安政2.5(大坂・筑後芝居)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蘭蝶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蘭蝶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation