@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

虎杖【イタドリ】

デジタル大辞泉

いたどり【虎杖】
タデ科の多年草。山野に自生。高さ約1.5メートル。茎にはかすかな紅色の斑点があり、葉は卵形で先がとがる。雌雄異株。夏、白色または淡紅色の小花が円錐状につく。花が紅色のものを特に、明月草(めいげつそう)とよぶ。若い茎は酸っぱいが、食べられる。根を漢方で虎杖根(こじょうこん)といい、利尿・通経薬とする。さいたづま。たじい。すかんぽ。 春 花=夏》「―を啣(くは)へて沙弥や墓掃除/茅舎
紋所のイタドリの葉と花を図案化したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こじょう【虎杖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

虎杖 (イタドリ)
学名:Polygonum cuspidatum
植物。タデ科多年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いたどり【虎杖】
〘名〙
① タデ科の多年草。各地の山野、路傍に生える。高さ一メートル内外。茎は中空で節をもち、若い茎には紅紫色の斑点がある。葉は長さ五~一五センチメートルの広卵形または卵状楕円形で先がとがる。雌雄異株で夏、白または淡赤色の小さい花が葉腋(ようえき)に総状に咲く。果実には翼がある。若い茎はやや酸味をおび食用となり、根茎は利尿、健胃剤などとされる。漢名、虎杖、黄薬子。たんじ。すかんぽ。すっぱぐさ。たじい。さいたずま。《季・春》
▼いたどりの花 《季・夏》
※書紀(720)反正即位前(図書寮本訓)「多遅の花は、今の虎杖(イタトリ)の花(はな)なり」
② 紋所の名。イタドリの花と葉とを図案化したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たじひ たぢひ【虎杖】
〘名〙 植物「いたどり(虎杖)」の古名。
※書紀(720)反正即位前(寛文版訓)「時に多遅(タチヒ)の花(はな)、井の中に有り。因りて太子の名(みな)と為。多遅の花は今の虎杖(いたとり)の花(はな)なり。故多遅比(たちひ)瑞歯別天皇と称(たた)へ謂す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たちひ【虎杖】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

虎杖 こじょう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

虎杖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

虎杖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation