@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

虚像【きょぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

虚像
きょぞう
virtual image
物体から出た光がレンズや反射鏡の光学結系を通過したのち,発散光線となり,実際には像を結ばず,その光線を逆向きに延長したものが像をつくる場合,これを虚像という。平面鏡の像や,凸面鏡凹レンズの像,および凸レンズの焦点距離内に物体を置いたときの像は虚像である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょ‐ぞう〔‐ザウ〕【虚像】
物体から出た光線が鏡・レンズなどによって発散させられるとき、その発散光線によって、実際に物体があるように結ばれる像。⇔実像
実際とは異なる、作られたイメージ。「マスコミによって作られた虚像」⇔実像

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょぞう【虚像】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

虚像
きょぞう

実際には光線がその位置に集まっていないのに、その位置に物体(の像)があるように見える像のこと。光線が像のところで実際に交わっている実像に対することば。一般に物体が見えるのは、その物体から出た光線が目に入って網膜上に物体の像を生ずるからである。ところが実際には物体が存在しなくても、物体が存在しているときと同じ状態の光線が目に入ると、その存在しない物体が見える。しかしこれを幻覚または錯覚のように考えるのは正しくない。実際の物体から出た光線と、虚像から出た光線とを区別する方法は原理的には存在しないからである。日常われわれが鏡で見る自分の顔や、バックミラーに映る後続の自動車などは、虚像の例である。

[三宅和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょ‐ぞう ‥ザウ【虚像】
〘名〙
① 物体から出た光がレンズや反射鏡などによって発散させられた時、発散した光線を逆方向に延長して収束させた位置にできる像。現実には光線が通過しない場所に生じるので、そこに紙をおいても像は結ばない。⇔実像。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕
② あるものの実態とは異なるイメージ。特に、人物の実体に対する、世評、伝説などによって作り上げられた評価認識をいう。
※壁の中の風景(1953)〈小山いと子〉「実体がぼんやりして虚像が明瞭であるはずはなささうに思はれた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虚像」の用語解説はコトバンクが提供しています。

虚像の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation