@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

虚構【キョコウ】

デジタル大辞泉

きょ‐こう【虚構】
事実ではないことを事実らしくつくり上げること。つくりごと。
文芸作品などで、作者想像力によって、人物出来事・場面などを現実であるかのように組み立てること。フィクション仮構

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょこう【虚構】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょこう【虚構】
事実でないことを事実らしく作り上げること。また、作り上げられたもの。作りごと。
文芸作品を書くにあたって、作者の想像力により、実際にはないことを現実にあったことのように真実味をもたせて書くこと。また、その作品。仮構。フィクション。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょ‐こう【虚構】
〘名〙
① 事実でないことを、本当のことのように仕組むこと。つくりごと。いつわり。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「彼等は羅織虚構を以て良民を罪に陥れる事さへあるさうだ」 〔後漢書‐范滂伝〕
② 文学などで、想像力によって、現実の事柄のように物語や劇を仕組むこと。つくりばなし。フィクション。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「其記載せる物語はもとより全く事実にあらねどまた虚構(キョカウ)ともいひがたかり」
③ 現実を模して作ったもの。つくりもの。
※抱擁(1973)〈瀬戸内晴美〉三「撮影用の虚構の建物のように見えてくる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

虚構
きょこう
フィクション」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

虚構」の用語解説はコトバンクが提供しています。

虚構の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation